オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鉄筋コンクリート造の爆裂って何?


コンクリートマンション
コンクリートを鉄筋で補強した「鉄筋コンクリート造」は、優れた耐久性・耐震性で
マンションをはじめ店舗や一般住宅など多くの建物に利用されている工法です。
しかし耐久性がいくら優れていると言っても、経年劣化からは逃げることはできません・・
今回は鉄筋コンクリート造の劣化現象のひとつである「爆裂」についてお伝えします(*‘∀‘)
鉄筋コンクリート造の外壁がボロボロ剥がれていたり
建物内部から飛び出した鉄筋を目にしたことはありませんか?
それが「爆裂」です。

施工当初のコンクリート内部は強アルカリ性になっていて、鉄筋をサビから守っています。
しかし経年とともにコンクリートの表面やヒビから
空気中の二酸化炭素や雨水が浸入してしまい
その結果、徐々にアルカリ性から中性へと変化してしまいます。
中性化が進行すると、内部の鉄筋が錆びて体積が膨張してしまい
周りのコンクリートを押しだす「爆裂」現象を引き起こしてしまうのです・・
爆裂が重症化してしまうと鉄筋がむき出し状態になってしまい
見栄えが悪くなるだけではなく、コンクリートが剥げ落ちる危険性が高まります。
実際、落下したコンクリート片で通行人がケガをするという事故も起こっています。
また爆裂はコンクリートの強度を著しく低下させ
大きな地震が発生した際に建物の倒壊を招いてしまう危険性もあります( ゚Д゚)
外壁のヒビを放置していると、コンクリートの内部が空気に触れる箇所が多くなり
劣化してしまうスピードが加速してしまいます。
そのためヒビを発見したら爆裂が起こってしまう前に、業者に点検してもらいましょう!!

中にはDIYで爆裂を直そうと思っている方もいらっしゃると思いますが
補修に失敗してしまうと、爆裂が進行して状態が悪くなるだけです・・
爆裂は素人には補修することが難しいので
きちんと業者に依頼して、補修してもらうことをオススメします。
今回は鉄筋コンクリート造の劣化現象のひとつである「爆裂」について紹介しました。
もし、外壁にヒビ割れを発見したら早急に点検してもらってください。
たかヒビ割れと言って放置していると大変なことになりますよ・・


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552