オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

低気圧と台風の関係性~熱帯低気圧と温帯低気圧の違いについて。


台風シーズンになると”熱帯低気圧””温帯低気圧”という言葉を
気象ニュースで良く耳にすることかと思います。
この2つの違いについてご存知でしょうか?
これらの低気圧は悪天候をもたらして、時に広い範囲で災害を引き起こします(;´Д`)
今回は台風に関係のある2つの低気圧について紹介したいと思います。
台風2
まず台風の発生から、消滅までをお伝えします。
台風は熱帯低気圧が勢力を増すことで台風になり、勢力が弱まることで熱帯低威圧に戻る
または性質が変化して温帯低気圧と変化し、やがて消滅します・・

熱帯低気圧
熱帯低気圧は名前の通り、熱帯や亜熱帯で発生する低気圧のことで
海洋上の水蒸気が上昇することによって暖かい空気と、積乱雲が渦を巻き形成されます。
中心には雲のない目と言うものがあります。
ここまで聞くと台風そっくりですね(;'∀')
それもそのはずで、熱帯低気圧は最大風速が17.2m/sを超えると台風とされるのです!!
熱帯低気圧と台風の違いは風速でしかありません。
夏から秋にかけて日本近海に熱帯低気圧が発生すれば、台風へと変貌することがあり
例え台風にならなかったとしても熱帯低気圧のままでも激しい防風を伴うため注意が必要です。

温帯低気圧
温帯低気圧は、温帯で発生する低気圧のことです。
冷たい空気と暖かい空気が渦を巻いてぶつかり合い前線を伴い前線付近でも天候があれる傾向があります。
温帯低気圧は熱帯低気圧と性質が異なるため、17.2m/sを超えても台風として扱われません。

台風の定義は熱帯低気圧と同じ性質を持ち、最大風速が17.2m/sに達することです。
最大風速が弱まれば熱帯低気圧に戻るということになります。
そして台風に冷たい風が流れ込むことで、温帯低気圧に変化することもあります。
今回は台風と密接している2つの低気圧について紹介しました。
上記から理解してもらえるように、熱帯低気圧は台風に達する基準の最大風速を下回るもの。
詰まり台風よりも勢力が弱いといえるでしょう!!
温帯低気圧は台風とは性質が違うため、台風の勢力を上回ったとしても
”低気圧”と報じられるため油断は禁物です。
近年、台風がもたらす被害はどんどん大きくなっています(T_T)
そのため台風がやってくる前に、自分でできる対策を行いましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552