オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

都心特有の水害~都市型水害について知ろう!!


梅雨や台風の時期になると、大雨やゲリラ豪雨による床上・床下浸水被害が各地で起こっています。
水害と聞くと河川近くで発生するものと思ってしまいますが
近年は東京・大阪などの都市圏でも増加している状況です。
この都市圏で発生する水害のことを「都市型水害」と言い、一度発生すると
都市機能がマヒしてしまい莫大な被害をもたらすとして深刻な問題となっています(;´Д`)

今回は都市型水害についてお伝えしたいと思います。
都心
1.雨水がしみこむ緑地がない
地表がアスファルトやコンクリートに覆われている箇所が多い都市部は
雨水が地中にしみこむことができません。
そのため大雨が降ると、雨水が一気に下水道に流れ込むので排水処理機能を超えてしまいます。
その結果マンホールや排水溝から水が溢れ出し浸水被害を引き起こしてしまうのです。

2.ゲリラ豪雨の多発
都市部はエアコンの室外機から排出される熱風や
密着したビル群による風通しの悪さなどが影響して、熱がこもりがちです。
このような現象のことを「ヒートアイランド現象」と言い
ゲリラ豪雨が発生する原因とされています。
短時間に激しい雨をもたらすゲリラ豪雨が、都市型水害を発生させて大きな被害をもたらします。
近年は予測をはるかに超えた豪雨が発生しています。
自分の命は自分で守るという意識をしっかりと持ちましょう!!

1.地下施設にいるとき
地上が浸水してしまうと一気に水が地下施設に流れ込みます
猛烈な水の勢いで階段を上ることができなくなったり、水圧でドアが開かなくなったり
地上に出ることが不可能な事態になってしまいます。
地下施設にいる時は、最新の気象情報や防災情報を確認して
浸水の可能性が少しでも考えられる場合は、速やかに地上に出てください。

2.地上にいるとき
屋外にいて都市型水害に巻き込まれてしまった際は
鉄筋コンクリートでできた建物の高い場所へ避難しましょう。
避難の際は、傘などで地面をつつきながら進み
側溝や蓋が外れたマンホールに転落してしまわないように注意しながら避難しましょう。
エレベーターは閉じ込められる恐れがあるため、階段での移動が良いです。

3.家にいるとき
道路から地下室や半地下室に雨水が流れ込むと
水の圧力でドアが開かなくなり閉じ込められてしまい最悪、命を落としてしまいます。
大雨が降り始めたら上階に退避するようにしましょう。
都市型水害について少しは理解してもらえたでしょうか?
予測不可能な大雨が降り、あちこちで被害が発生しています・・
雨漏りを引き起こしてからでは手遅れになるので
心配だという方は、早めの住宅点検をオススメします(*´ω`*)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552