オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

倒壊の危険性がある、ブロック塀の劣化!!


道路や隣の住宅との境界を明確にするために良く使用されている「ブロック塀」
建物の劣化や美観には気を配っていても
ブロック塀にはあまり気が回らないのではないでしょうか?
しかしブロック塀の特性を知らず、メンテナンスを怠っていると大きな事故に繋がることがあります。

今回は倒壊の危険性がある、ブロック塀の劣化についてお伝えします(; ・`д・´)
ブロック塀
コンクリートでできているブロックは、他の建築材と比べてみても耐久性に非常に優れています。
しかしブロック自体に耐久性があっても塀として積み上げられたものは、外部からの衝撃に弱く、亀裂が入ったり割れたりすることがあります。
また、日々雨や風に晒されていることで劣化の進行具合も心配です。
ブロック塀の寿命はきちんとメンテナンスをしていても約30年ほどとされていて、何もメンテナンスをしていなければ約10~15年ほどで倒壊してしまう恐れがあります。
通行人が下敷きになってしまいケガをしてしまった場合は、塀の所有者が責任を負わなければなりません。
建物と同じように、ブロック塀も劣化してしまうので劣化のサインを見逃さないようにしましょう。
ブロックの傾き
劣化のサイン
ブロック塀を施工する際は、外部からの揺れや衝撃に耐えられるように中に鉄筋を通してモルタルで固めます。
しかし年数が経ち劣化してしまうと、ブロック自体やモルタルが中性化し鉄筋が錆びて徐々に細くなってしまいます。
そうなってしまうと強度を保つための鉄筋が機能を果たせなくなり、少しの衝撃で倒壊してしまいます。

以下の症状が劣化のサインとなるので、見逃さないようにしましょう。
①ブロックの表面が剥がれている
②サビでブロックが汚れている
③ブロックにヒビが入っている
特にブロックの表面に鉄筋の錆汁が付いて汚れている場合は、倒壊の危険性が非常に高くなっています!!

※中性化・・空気中の二酸化炭素や雨水などがコンクリート内部に侵入した結果、アルカリ性から中性に変化する現象

建物を丈夫で長持ちさせるコツは、内部に水を浸入させないことですが
ブロック塀でも同じことが言えます(; ・`д・´)
対策としては、ホームセンターなどで、コンクリート専用の防水塗料が販売されていますので
これを定期的に塗ることで倒壊のリスクは格段に軽減することができます。
洗浄した後、しっかりと乾燥させてから塗料を塗ることがオススメです。
建物をメンテナンスする際に、ブロック塀もメンテナンスを行うと良いでしょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552