オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

数寄屋造りを知っていますか?


数寄屋造りという言葉を耳にしたことはありますか?
数寄屋造りは「すきやづくり」と読みます。
そもそも数寄屋造りとは一体どんなものなのでしょうか(*'ω'*)
今回は数寄屋造りについて紹介したいと思います。
数寄屋造り
数寄屋造りとは、日本建築様式のひとつであり茶室を作る際の特徴を取り入れた様式のことです。
数寄とは和歌・茶の湯をはじめとした風流なことを好むことを指していて
数寄屋とは好みに任せて作った住宅という意味があります。

数寄屋と言うのはもともと、母屋とは別に建てられた小規模な茶室のことです。
安土桃山時代、千利休によって完成された「わび茶(茶の湯)」は
無駄なものを削ぎ落して、究極までシンプルにした中に美しさを見出したものです。
当時建物は権力を目に見える形で表現する書院造が主流でしたが
格式を重んじたデザインや装飾を取り除いた数寄屋の考え方が
やがて茶室以外の建物にも反映されるようになりました。
書院造を基本としながら、風流で繊細・質素だけど洗練されている意匠が特徴です。
江戸時代以降は、茶室をはじめとして住宅など幅広い場所で見られるようになり
素材も高価なものを使用するようになったため
数寄屋造りを取り入れた歴史的建造物も多く存在しています。
代表的な建物は「桂離宮新書院」「修学院離宮」「伏見稲荷大社御茶屋」などです。
時代の流れとともに変化して、現在では特別に高価な素材を使用して
高度な技術を用いて作られた高級建築という意味で使われることも多いです(*´ω`*)
数寄屋造りには様々な魅力があるとともに、現代建築のあらゆる場面で垣間見ることができます。
現代の建築の多くは、軽く柔らかな印象を与えるデザインが主流となっていますが
これは数寄屋造りが生み出されてから続いてきたものです。
多くの方が自然となじむ造りとなっている点が数寄屋造りの一番の魅力でしょう。
また、軽快で無駄を削ぎ落したシンプルなデザインを取り入れていることも大きな魅力です。
質素でありながら、洗練された美しさがあります。
竹・杉・ヨシ・土壁などといった形式にとらわれず様々な素材を自由に選択して
これらの良さを引き出すことに力を入れて無駄な加工をしません!!
木目の美しさ・経年劣化の変化を趣向や建物の特徴に合わせて楽しむことができます。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552