オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高気密・高断熱住宅ってどんなもの?


住宅を建てる際にキーワードの一つとなっている「高気密・高断熱」ですが
モデルハウスや広告などでもアピールされているので一度は耳にされているのではないでしょうか。
ナゼ高気密・高断熱住宅が良いとされているのでしょう(;´Д`)
今回は高気密・高断熱住宅とはどんなものなのかを紹介したいと思います。
棟換気
まず初めに気密性と断熱性とは何かをお伝えします。

1.気密性
気密は、密閉することで気体の流通を妨げ気圧の変化の影響を受けないようにすることです
気密性が高い住宅というのは、防湿シートや気密テープを使用することによって
隙間をなくして、より密閉されている住宅のことを指します
2.断熱性
断熱は読んで字のごとく熱を断つこと、つまり熱が伝わらないようにすることです
内壁と外壁の間に断熱材を入れたり、遮熱性のある窓を使用したりすることで断熱性を高めます
高断熱の住宅は外からの熱がダイレクトに伝わらないので、室内温度が外気恩に影響されにくくなります
メリット
■省エネ効果
高気密・高断熱と言うことは、外からの熱が伝わりにくく密閉されているので
冷暖房の効きが非常に良くなります。
効率よく室内を涼しくしたり、暖かくしたりできるので電気代が抑えられます。
■温度差が小さい
冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へといく性質があるので
冬に暖房をつけると顔は暖かいけれど足元が寒いという現象が良く起こります・・
しかし高気密・高断熱であれば暖房の暖かい空気が逃げることなく
対流するので部屋の上だけが暖かいという状態を防ぐことができます。
ヒートショックの原因となる温度差を解消することができます。
※ヒートショック…家の中の温度差によって血圧が変動し心筋梗塞・脳梗塞を引き起こすもの

デメリット
■夏は暑い
高気密・高断熱の住宅は一度熱が入ってしまうとなかなか外に逃げてくれません。
そのため夏は日差しが入らないようにしないと暑くなってしまいます。
■湿気がこもりやすい
気密性が高いため、室内で発生した湿気がこもりやすくなってしまいます。
湿気がこもるとカビが発生しやすくなるだけでなく
壁の内部や床下の木材が腐ってしまい、建物の劣化に繋がるので注意が必要です。
高気密・高断熱の住宅は隙間がなく、空気がこもりやすいので換気が大切になります。
デメリットで湿気がこもりやすいとお伝えしましたが
換気をこまめにおこなうことで防ぐことができます。
また冬は暖房機器を使用することが多くなります。
高気密の住宅で石油ストーブを使用すると二酸化炭素が上昇するので
こまめに換気を行うようにしてください!!
いかがでしたか?高気密・高断熱住宅について理解してもらえたでしょうか?
高気密・高断熱住宅だと外の温度に左右されにくく、室内は快適な温度を保ちやすい住宅になります。
省エネやヒートショック防止などのメリットもありますが
湿気や空気の循環など注意しなければならないこともあります。
高気密・高断熱住宅を選ぶ際は、まず注意点を意識して
しっかりと対策を取るようにしましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552