オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

省エネ住宅「パッシブハウス」とはどんなの?


エコが重視される現代、住宅づくりにおいてもその視点は欠かすことができなくなりました。
省エネ住宅はエネルギーコストを抑えられるだけでなく自然エネルギーを上手く生かした快適な生活ができます。
そこで注目したいのが「パッシブハウス」です(; ・`д・´)
パッシブハウスは省エネ性能基準を満たした省エネ住宅のことです。
今回はパッシブハウスについて紹介したいと思います。
パッシブハウス
パッシブハウスは、ドイツや北欧で実用化されている高性能な省エネの建物です。
日本では「無暖房住宅」と呼ばれています。
設計・構造で断熱や気密、自然な風・光の取入れを重視した
”パッシブ(受け身)”な省エネ住宅を目指して
各国の法規によって定められた省エネスタンダードよりもはるかに上をいく省エネ基準は
その経済性が実証されドイツやその他EU各国で大きく普及してきています。
【エネルギーの使用は極限まで減らしながらも快適性は犠牲にしない】
これこそがパッシブハウスが世界で最も注目される理由です!!

ドイツの住宅性能について・・
環境先進国であるドイツは、建築分野における環境政策に関しても
国をあげて積極的に維新しています。
環境と住む人の快適さにとことんこだわったパッシブハウスは
断熱性能を含め世界でトップクラスと言われています(*‘∀‘)
パッシブハウスの認定住宅は設計・施工において独自の基準を守って建てられます。
そのためパッシブハウスに認定されるための原則を守った家づくりが大切です。

原則1.夏は遮熱・冬は熱が逃げることを防ぐ断熱
パッシブハウスを建てる際に1番に考えなければいけないことは「断熱」について!!
パッシブハウスの特徴は壁・床・天井がまるで毛布に包まれているかのように断熱材で覆われていることです
もしくは、断熱性の高い軽量気泡コンクリートブロック・プレハブフォームパネルなどの素材が用いられます
適切な断熱を重視していて”夏は遮熱・冬は熱が逃げることを防ぐ”ために断熱は欠かせません

原則2.断熱と風通しを考えた高機能な窓
断熱には窓にも工夫することが大切です
窓の機能性を高めて、窓から熱が逃げることを防ぎます
窓枠の断熱はもちろんのこと、複層ガラスや低放射率ガラスの使用も条件として定められています
また南向きの大きな窓を設けることで、冬は太陽光を取り込み暖房がわりのすることができ
北側に高い窓を設けることで、夏の熱気を逃がす道として活用するなど
窓への配慮も原則として採用されています

原則3.断熱性能を下げる原因となる熱の逃げ道を防ぐ
熱の逃げ道があると建物全体の断熱性能が下がってしまうことになります
例えば、外壁と内装壁の間にある金属製の窓枠などは、面積的にわずかであっても熱が逃げる原因になります
パッシブハウスでは、熱の逃げ道を排除する設計・施工も求められるのです

原則4.隙間風も吹き込ませない高気密
気密性の低い建物では、隙間風が吹き込んできます
そして室内の暖かい空気が外へ逃げてしまうこともあります
パッシブハウスの家づくりでは、接合部分をしっかりと気密化して隙間をなくします
気密性を高めることによって暖房に頼らなくても良い暮らしができるようになり
温室効果ガスの排出を抑えた家づくりができるのです

原則5.室内外の通風・換気を行う熱交換換気
高気密なパッシブハウスでは、室内外の通風・換気への配慮が必要になります
HRVと呼ばれる夏交換換気システムを用いることもパッシブハウスの原則のひとつです
室内の空気のよどみや空気の質を改善するだけでなく
寒い季節に問題となる結露も防いでくれるというメリットもあります
省エネと快適な暮らしの両方を実現してくれるパッシブハウスについて紹介しました。
家計や地球にやさしいエコな家づくりは、未来に向けた家づくりの形でもあります('ω')ノ
「省エネ=生活コストの削減」と限定して考えるものではなく
未来に向けた健やかな暮らしを想像しながらパッシブハウスの知識を深めてみてはいかがでしょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552