オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

愛犬と暮らす家~犬の特徴を理解して考える家づくり


ペットは家族の一員です。
新しい家にする際は「ペットと暮らす家」としてしっかり検討したいものです。
ペットと家族の双方が快適に居心地の良い家で暮らしたいですね(*‘∀‘)
今回は愛犬と暮らす家の注意点や工夫のポイントをお伝えしたいと思います。

犬
犬にとって優しい家で欠かすことのできないのが”犬に適したフローリング素材の選択”です。
本来犬は床に爪を立てて走りますが、それができないため通常のフローリングでは転びやすくなります。
滑りやすいフローリング材は、転倒時にケガをしてしまう可能性もあります・・
そして滑りやすい床で体を支えていると関節に負担がかかってしまいます。

●滑りにくい
●転倒時のケガ防止のクッション性が高い
●爪による破損を防ぐために耐久性が高い
●粗相や嘔吐などに備えて防水性が高い
上記のような特徴を持つフローリング材も販売されているのでチェックしてみてください。
リビングや廊下はクッション性を重視、階段は滑りにくさ重視と
場所によって使い分けることもオススメです!!
また、滑りにくく汚れにくいタイルも検討してみてはいかがでしょうか。
タイルは染み込まないので粗相のときの掃除が楽で耐久性も高いです。
つるつるしたイメージがあるタイルですが、滑りにくいタイル材もあるので
フローリング以外の選択肢として検討してみてください。
家の中が居心地よかったとしても、やはり犬は散歩が大好きです。
散歩する際の手間が軽減できるようにしたいですね。
例えば外に汚物専用のゴミ箱があると家の中に持って入らなくていいので便利になり
洗い場も外にあると散歩の後に足を洗うのが楽になります。

またドッグランを作りたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
設置できれば犬も大喜びですが、スペースの確保が難しいですよね・・
しかしドッグランでなくても庭で動ければ十分ストレス発散になります。
狭かったとしてもノーリードで自由に動ける空間は貴重でしょう。
注意したいのは、門扉や塀の設置です((+_+))
フェンスや柵がないと、玄関や窓から外に出てしまいどこかへ行ってしまうかもしれません。
脱走しようとする場合以外にも、散歩に行けることが嬉しくて
玄関を開けたとたん外へ飛び出してしまい事故になる場合もあります。
犬は”狭い・暗い場所””下にもぐれるスペース”などが好きですが
これは昔犬が穴ぐらで暮らしていたからと言われています。
普段は家族と過ごすことが好きな犬でも、プライバシーがあります。
眠るとき・排泄するとき・大きな音に驚いたときは、自分の場所でひとりになりたいと思うのです。
棚の下などに潜り込めるスペースを作れば、その一角は犬のリラックス空間になります。
屋根付きケージを活用する小型犬なら、部屋の隅に箱を用意するなどの方法があります。
広さや犬の体格などと相談して専用スペースを考えましょう。
トイレの場所は犬の気持ちを考えて決めることが大切です。
犬の習性からトイレは人の目につかない場所・寝るスペースから離すのがベストになります。
きれい好きな犬は、寝床の近くで排泄することを嫌がります(;'∀')
人間の都合で”まとめて省スペースにしよう””近いほうが便利”などと
犬のベッドとトイレを一緒にすることがないようにしましょう。
トイレは人目に付かない静かなどの落ち着ける場所であることが重要になります。
私たちと同じように犬だって排泄の際は落ち着いた場所がいいはずです。
適した場所にトイレを設置すれば、排泄のしつけもスムーズにできます。
いかがでしたか?今回は愛犬と暮らす際の注意点・工夫ポイントをお伝えしました。
愛犬の健康や安全のためにも気配りは欠かせません。
それと同時にお世話のストレスが軽減できるような工夫もできるといいですね。
犬と飼い主お双方にとっても住みやすく笑顔の明るい家にしましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552