オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西日対策をしてもっと快適な暮らしを手に入れる


西日のあたる部屋は、冬は暖かく過ごすことができますが
夏は暑くなってしまうというデメリットがあります。
西日が長時間あたる部屋の畳や家具は、変色してしまう可能性もあります。
だからと言って1日カーテンを閉めっぱなしにしておくわけにもいけないですよね( ゚Д゚)
今回はより快適に暮らすために西日対策についてお伝えします。

西日対策
西日が差し込みすぎると快適さは失われてしまいます・・対策しないとどうなるのでしょうか。

1.西日があたる部屋が暑くなってしまう
西日とは西に傾いた太陽の日差しのことを指します
太陽の日差しは沈む前に最も強く感じられるうえに
日没まで家を照らし続けるため日にあたる時間が長く、結果気温と室温が高くなってしまいます
西側にベランダや窓がある場合は、昼過ぎから太陽が沈むまでずっと西日を浴びることになるため
室内の温度はどんどん高くなってしまいます

2.光熱費の上昇
西日の影響で室内の温度が高くなってしまうと冷房の効きが悪くなり光熱費が上昇してしまいます
西側にキッチンを設計してしまった場合、室温が高くなるスペースに冷蔵庫を設置しなければなりません
冷蔵庫は周囲の気温が高い場所に設置すると放熱が難しくなるため
庫内全体の冷えが悪くなってしまい電気代が余計にかかってしまいます

3.家具の日焼け
日照時間の長い西日が室内に差し込み続けると、西日が原因で家具が日焼けしてしまいます
家具だけでなく無垢材を採用したフローリングへのダメージも考えられます
また、日差しによって日焼けしてしまうのは木製品だけのイメージがありますが
カーテンなどの布製品・衣類・プラスチックも日焼けしてしまいます
西日は自然現象のため避けられませんが、設計段階から対策を考えることで
西日の悩みが解消されることもあります。

まず設計段階でできる西日対策は「窓の上部に庇をつけること」です。
窓から差し込む日差しを庇がカバーしてくれます。
そして穏やかな光が差し込み、爽やかな風を取り入れることもできるでしょう。
もう一つは「窓の設置を考えること」です。
西日対策を想定するなら、西側には通風・採光に必要な最低限の窓だけを設置するのがポイント!!
室外の庇の対策を加え、複層ガラスを採用した窓を設置することも効果的です。
その他にもエコガラスの内窓を付け二重窓にしたり、遮光フィルムを貼り付けたりする方法もあります。
設計段階から西日対策について考えることで快適な家づくりに窓の工夫を取り入れることができます♪

室外でできる西日対策は、設計段階の庇や窓だけとは限りません。
すだれを設置するだけでも、窓やカーテンが熱を持つことを防ぐことができます。
すだれは風通しも良く夏を快適に過ごすためのアイテムのひとつです。
またベランダや庭で植物を育てて、グリーンカーテンをつくることもひとつの方法('ω')ノ
直接的な日差しを避けられるだけでなく見た目も涼し気。
植物を育てる楽しみも味わえるので、魅力的な西日対策ですね。
快適さを損なうことばかりに焦点があてられる西日ですが
西日対策をして、上手く西日を取り入れることができれば良いこともあります(*‘∀‘)
西日の光を室内に取り込むことで、日没の時間までをゆっくりと過ごすことができたり
洗濯物が乾きやすくなることも嬉しいですね。

お家のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552