オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

住宅エネルギーを削減するためには・・


家庭の小エネルギーを進めるうえで重要な要素である、冷暖房エネルギーを少なくするためには
機器の使用方法や省エネ性能の高い機器を選択することと並んで
住宅そのものを省エネ住宅にすることで大きな効果を得ることができます。
今回は住宅エネルギーをできるだけ削減するためにはどうすれば良いかをお伝えします(^^)
完了
日本の家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが冷暖房です。
省エネ機能の高い住宅とは、この冷暖房のエネルギー消費を抑えることができる住宅です。
冬においては「室内の暖かい空気が逃げないこと」
夏においては「室外からの熱が室内に侵入しないこと」で少ない冷暖房エネルギーで
快適に過ごせることができるようになります。
重要になることは、冬に熱を逃がさない「断熱」・夏に熱を浸入させない「日射遮蔽」です。
省エネルギー住宅は、エネルギー消費を抑えるだけではありません。
「断熱」によって冬は
●空気が逃げないので室内と部屋間の温度がほぼ均一
●結露のしにくい家
「日射遮蔽」によって夏は
●室外からの熱気が入らず涼しい
●小型のエアコンでも効きが良く、朝夕と風通しの良い家
が実現することができるのです(*‘∀‘)!!
つまり”省エネルギー住宅=快適な住宅”ということがわかって頂けるかと思います。
天井・内壁断熱
~断熱~
断熱とは壁・床・屋根・窓などを通しの住宅の内外の熱の移動を少なくすることです。
冬に暖房を入れていると、外気に対して室内の温度が高いので熱は室内から室外へと移動します。
そして夏に冷房を入れていると、外気に対して室内の温度が低くなるので熱は室外から室内へと移動します。
この移動をなるべく減らすことで、少ないエネルギーで効率良く冷暖房を行うことができます。
西日対策
~日射~
夏に室内の温度が上がる最もな要因は、外部からの日射熱です。
そのため夏は日射を遮蔽して、室内の温度の上昇を抑えることで冷房に必要なエネルギーを削減する必要があります。
宅内換気扇
~気密~
住宅に隙間があると、その隙間を通じて空気が出入りすることで熱が室内外で移動します。
この空気の移動を少なくするために隙間を減らすのが気密対策です。
しかし気密性だけ高くしてしまうと、室内環境が悪化してしまうので
必要な換気量を確保しつつ、過剰な空気の移動を減らすことが重要になります。
いかがでしたか?今回は住宅エネルギーを削減するためについて紹介しました。
住宅自体の熱に関する性能は新築の際に決まってしまいます( ゚Д゚)
性能を上げることは不可能ではありませんが、後からとなるとかなりお金がかかってしまいます。
そのため最初にケチることなく、お金をかけてきちんとした性能の良い家にしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552