オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

デザイン性や機能に魅力がある、ドーマってどんなもの?


あなたのお家にはドーマがありますか?
ドーマとは、屋根から突き出して設けられた
ロフトなど小屋裏部屋への採光を目的とする屋根窓のことを指します(*'ω'*)
ヨーロッパの建築物でよく見かけられるドーマについて今回は紹介したいと思います。
ドーマ
1.採光
ドーマの主な役割は、採光です
一番日あたりの良い屋根の中央部に窓を取るので
小さな窓でも大量の光を室内へと届けることができます

2.通気性
開閉可能なドーマであれば、その窓を開けることで部屋の通気を確保することができます
屋根裏はもともと湿気・熱気が溜まりやすい場所のため
ドーマがあることで通気口となり風を取り込むことができます

3.居住区の拡張
ログハウスなどでは、居住空間を広くするという目的でドーマを設けられることもあります
本来屋根裏になる空間を上手に利用して、スペースを有効活用する意味で作られます

4.外観のデザイン性
ドーマはその個性的な形から、外観のデザイン性としても優れています
屋根が立体的になるので屋根のボリュームが増し、洋風の雰囲気を出すことができます
素敵なデザイン性を持つドーマですが、実は多くのデメリットを持っているんです( ゚Д゚)

1.雨漏りのリスク
ドーマを設けることで、屋根垂木が切断され形状も複雑になり
屋根勾配が緩やかな点・継ぎ目が多いなど条件的に悪い点が重なることから
どうしてもその部分からの雨漏りのリスクは高まってしまいます・・
しかし、きちんと雨仕舞していて、定期的にメンテナンスをしていれば問題ありません

2.掃除が手間になる
天井の近くに設置されているので、手軽に掃除することができません
特に室内などは、ドーマへの銅線を確保する・長いハシゴをかけられるかを
十分に検討してから間取りを決めると良いでしょう

3.修復に費用がかかる
ドーマの形は様々で、洋風の施工のため施工実績のある業者が少なく
雨漏りや破損の際に修理に対応できる業者が少ないのが現状です
また、普及されていないことから施工費も高くなることがあります

4.室内温度の上昇
採光目的で取り入れられるため、必然的に室内が暑くなる傾向があります
ドーマには断熱材がなく、室内には日差しが差し込むため
夏場は温度上昇の対策が必要になってきます

5.太陽光パネルの設置が難しい
ドーマのある屋根に後から太陽光パネルを設置したくなった場合は
ドーマがソーラーパネルの邪魔になってしまうことがあります
いかがでしたか?今回はドーマについて紹介しました。
デザイン性や機能としても魅力的なドーマですが
台風や雨が多い日本では、デメリットを抱えてしまう危険性もあるので
ドーマの設置には十分な知識を持って検討してください(;´Д`)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552