オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カビ対策!危険ポイントと気を付ける発生場所とは。


ここ日本の気候は、高温多湿と言われています。
そして昨今の気密性の高い住まいでカビから完全に逃れられる術というものは
残念ながらありません(;´Д`)
カビが全く発生しない住まいなんて存在しないと言っても過言ではないです。
しかしカビの増殖をできる限り抑えることは、とても大切で対策もあります。
今回はカビ要注意ポイントの中でも最も大切な3つを紹介したいと思います!!

カビ
カビそのものの種類は数万種あるとされていますが、普通の家庭で見られるカビはそのうち30種類程度です。
お風呂場などで頻繁に発生する「黒カビ」
水周り全般に発生する「赤カビ」
カビ臭いニオイの原因「青カビ」の3種類が多く見られます。
カビは、目で見つけた時点で既にコロニー化していて多くの胞子を有して繁殖が激化しています。
発見したのに見逃すことは、住まいの環境をより悪化させることになるので放置することはやめましょう!!
雨
梅雨から真夏にかけてはカビにとって最適環境です。
気温28度前後・湿度80%ともなれば、どんなに掃除をしていてもカビは発生してしまいます。
カビのエサは、手のひらから出る皮脂・洗剤・建材などで気を抜くことができません。
そのため、あからさまな”カビのエサ”を放置することは住まいにとって死活問題となってしまうのです。
あからさまなエサとは、住まいの汚れ全般のことを指します。
梅雨から真夏の時期は、なるべく掃除を頻繁にするように心がけてください。
カビの生育を著しく促す「水分」の豊富な箇所に注目する必要があります。
エアコン
「ジメジメする」と私たちが体感するときの湿度は、70%を超えているとされていますが
実際に湿度計が何%を指しているのか、こまめに確認する習慣を持つことがカビ予防をより強化します。
カビと湿度(水分)の関係は、不可分です。
湿度が70%を切って65~60%まで落ちるだけでも、カビの増殖は抑制されます。
自然換気・エアコンのドライ機能によっても室内の湿度は下げることができます。
色々な箇所に温湿度計を設置して、湿度をチェックしなるべく60%前後に維持することが
カビにとっての快適環境を維持しないことになります。
■エアコンのフィルター
■結露しやすい窓際のカーテンや、押し入れの壁
■お風呂場全体、排水口
■トイレの便器周辺
■帰って寝るだけの部屋
■洗濯待ちの汚れた洗濯物が入っている洗濯機
■干さない布団の入っている押し入れ、ベッドの下
これらの箇所は、カビ発生する場所として気を付けてほしいです。
これを機に、押し入れに入れっぱなしにしている布団などを干してみてはいかがでしょう?
いらないものは処分して、カビが発生しない対策を取りましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552