オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

フッ素塗料の特徴について


外壁塗装の塗料において、最も高額で耐久性が高い塗料は「フッ素塗料」です。
しかし、高額なことから一般住宅ではあまり採用されておらず
主に都心部などの大きなビルに使用されている塗料になります。
高額ではあるものの、耐久性が高い塗料なので工事費用が高いとしても
住宅を長期間保護したい場合に、フッ素塗料はオススメの塗料です(^^)

1529323918317-1
フッ素塗料は最も長持ちする塗料であることから、主に高層ビルやマンションに使用されていました。
しかし近年では「工事費用が高くなっても塗装を長持ちさせたい」という方が増え
一般住宅の塗装でもフッ素塗料が使用されるようになりました。
●長く今の家で暮らしたい
●外観を今のまま長期間維持したい
●外装リフォームの予算をきちんと確保できている
などの事情があれば、フッ素塗料を選択することをオススメします。
1.高い耐久性
先ほどからお伝えしているように、フッ素塗料の1番の特徴は高い耐久性です
耐久性が高い塗料と言うことは時間が経っても
塗装した面の強度が落ちにくく品質が高いままということを意味しています
フッ素樹脂塗料はしっかりと外壁に密着する性質を持っているので
雨や紫外線に長期間晒され続けても、しっかりと家を守ることが可能です
そのため次の塗り替え時期を示す耐用年数が、フッ素塗料は塗料の中で最も長く
15年~20年は耐久性が続くとされています
2.耐候性
耐候性とは、紫外線や雨水のダメージを受けにくい「力」のことで
外壁や屋根を守る塗料にとって非常に重要な要素です
フッ素塗料は特に耐候性が高いので、色褪せしにくく劣化しにくい塗料なのです
3.耐熱性
耐熱性とは、塗料自体の熱や紫外線に対する性能のことです
外壁や屋根は常に太陽光で熱せられ続けているので、耐熱性は当然必要になります
4.親水性
親水性とは「水と親しい」と言う意味で、水に濡れやすく密着しやすい性質ということを意味します
鳥の糞や空気中の汚染物質が外壁の塗膜表面にくっつくことがありますが
フッ素塗料で塗装された外壁の表面は親水性の高い親水性塗膜があるので
汚れと塗膜の間に雨水が入り込み、汚れを洗い流して美観を維持してくれます
この性質は汚れが落ちやすいという意味で「低汚染性」とも呼ばれています
5.防藻性・防カビ性
建物の美観を損なう大きな原因となるものは「藻」や「カビ」です
周りの湿度が高い壁や、太陽の光があまり当たらない北側の壁は藻やカビが発生しやすく
緑色になり古く汚く見えてしまいます
フッ素塗料には、塗膜自体に防藻性・防カビ性を持っているものが多いため
藻やカビに悩まされることが少ないと言えるでしょう
※完全に防いで殺菌するほどの威力はないので注意しましょう
6.防水性
フッ素の中には「弾性」というゴムのような特性を持つ塗料もあり
商品名に「弾性」と付けられています
弾性フッ素塗料は、紫外線などを浴びて膨張と収縮を繰り返す外壁の変形に柔軟に対応して
ヒビ割れが生じても塗膜が伸びて、割れを塞ぎ内部に入り込もうとする水から守ってくれます
いかがでしたか?
フッ素塗料には従来の塗料以上の高い耐久性と長い耐用年数という特徴があります。
外壁塗料をどれにするべきかお悩みの方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか('ω')ノ
いつまでの長くキレイな家を維持するためにもオススメの塗料です!!


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552