オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

介護の為のリフォーム~浴室・お風呂場のリフォーム


介護リフォームとは、介護者や介助者にとって暮らしやすい家
介護しやすい家にすために行うリフォームのことです(*´ω`*)
その中でも浴室・お風呂場は事故が起こりやすい場所の一つでもあります。
そのため介護者と介助者にとって使いやすく安全なものにしておかなければなりません。
今回は浴室・お風呂場のリフォームについて考えましょう。
お風呂
◆不自由がない出入口
身体や床が濡れている状態であると、たとえ少しの段差でも転倒してしまう恐れがあります。
転倒防止のためにも、浴室と脱衣所の段差はなくしましょう。
特に車いすを使用している場合は、段差がないことでスムーズに移動することができます。
◆滑らない床
床で滑って転倒してしまうと大けがに繋がることがあります。
濡れても滑らない床にしておくことで介護者だけでなく家族みんなが安全に使用することができます。
床だけでなく、浴槽の底にも滑り止め加工を施すといいでしょう。
◆出入りがしやすい浴槽
浴槽に出入りがしやすいということもポイントになります。
浴槽に入るには、浴槽の壁をまたぐ必要があり
浴槽が高いと脚を高く上げなければならないためバランスを崩しやすいです。
浴槽の中に落ちてしまったら大きな事故に繋がることもあるため危険です。
低い浴槽なら負担が軽くなるでしょう。
手すり
◆手すりを取りつける
ドアの開け閉め・移動など介護者が無理なく動けるためにも手すりを取りつけましょう。
特に浴槽から立ち上がる際に手すりがあると安心です。
◆段差を解消する
段差は転倒を招いてしまうことがあります。
例え少しの段差であっても負担になってしまうので
浴室の段差をかさ上げするなどして、脱衣所からの段差をなくすようにしましょう。
◆床材を変える
浴室の床を滑りにくいもの・滑り止めマットを取り付けたりしましょう。
※滑り止めマットの場合は、しっかりと取り付ける必要があります。
樹脂素材・木材が滑りにくく暖かいですが
タイルの場合も滑り止め加工や保温加工が施されたものもあります。
◆ドアを折り戸にする
浴室のドアは折り戸がオススメです。
理由は浴室のスペースを最大限に有効活用することができるからです!!
今回は浴室のリフォームについて紹介しました。
事故の多いとされる浴室は、介護者や介助者にとって
安全で快適なものでなければなりません(*´ω`*)
それぞれの家庭にあった介護リフォームになるように行いましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552