オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベランダ塗装で補修する~目安はどんな症状?


ベランダは建物の外に張り出した屋根付きスペースのことです。
外に張り出していることで雨・風・紫外線に晒されているため、劣化しやすい場所になります。
洗濯物を干しにベランダへ出た際に
ヒビ割れや塗装の剥がれを見つけたりしていませんか?
築年数が経過すると、様々な箇所で劣化症状が現れてきます。
今回はベランダを塗装で補修する際の目安についてお伝えします(*‘∀‘)!!
ヒビ割れ
1.塗装がヒビ割れしている
ベランダには「壁にヒビ割れが生じている」「床にヒビ割れが生じている」かの2つに分かれています。
壁にヒビ割れが生じている場合は、外壁塗装の塗膜がヒビ割れていて
床のヒビ割れの場合は、防水層がヒビ割れしているということになります。
このどちらでも、ヒビ割れ部分から雨水が浸入してしまうので
雨漏り発生の原因の一つになります。
劣化したサイディング
2.塗装が剥がれたり膨らんだりしている
剥がれ・膨らみに関しても「壁」と「床」の2つに分かれていて
どちらに生じているのかを見る必要があります。
剥がれは、ひび割れからの雨水浸入によって塗膜の内部から水上委が発生して
塗膜を膨れ上がらせ、膨れが悪化して剥がれとなります。
剥がれや膨れの現象が起こっているということは
下地と塗膜の間に隙間が空いているということになります。
毛細管現象によって更なる剥がれや膨れを引き起こし、雨漏りに直結する劣化現象です。
壁でも危険ですが、床は家の中に雨水が浸入してしまっていることになるので
非常に危険が高くなっているため、早急に補修工事を行いましょう!!
水たまり
3.水たまりがある
ベランダの床には、雨水が排水口に流れていくように緩い勾配がつけられています。
しかしベランダに水たまりがあるということは、勾配がない・ゴミが詰まっている可能性が挙げられます。
水たまりがある防水層にヒビ割れなど生じていなければ問題はありませんが
水の侵入経路がある場合は要注意!!
早急に補修工事を行ってください。
天井シミ
4.ベランダの下にシミができている
ベランダの下を見ることができる場合は、下を確認してみましょう。
ヒビ割れ・剥がれなどが放置され続け、悪化してしまっている場合は
ベランダの下にシミが生じます。
シミが生じている=雨漏りが発生していることになるので早急に補修工事を行いましょう!!
ベランダは屋根の次に雨漏りを起こしやすい箇所になります( ゚Д゚)
ベランダの雨漏りが発生する前に、目安となる劣化症状を見つけて
「まだ大丈夫だろう」と放置するのではなく、早めに補修工事を行うようにしましょう。
早めに補修工事を行うことで家全体の寿命が伸び、安心して暮らすことができます。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552