オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

黒い外壁~焼杉外壁ってどんなもの?


今の戸建て住宅の外壁には、主に窯業系サイディングという素材が使用されています。
その他にはモルタル・ALC・タイル・レンガ・漆喰などがあります(*´ω`*)
レンガや漆喰に関しては数少ない外壁ですが
その中でも最も少ないとされる外壁材で「焼杉(やきすぎ)」というものがあります。
今では地方でしか見かけなくなりました‥。
今回は焼杉の外壁について紹介したいと思います。
焼杉外壁
焼杉は、杉板を焼いて表面を炭化させた板のことです。
杉板の表面を焼いて意識的に炭化した層をつくることで耐久性が高くなります!!
デザイン的にもオシャレで落ち着いた感じになることから好んで採用されてきました。
焼杉は大工などの職人が知る杉板の加工方法の一つでした。
西日本では一般的に行われていたようですが、東日本に広まったのはそれほど昔のことではないようです。
杉材は、枝打ちなどの管理をしっかりとしていれば、まっすぐに育つため
建築材料としては使い勝手の良い材料とされていました。
しかし耐久性に関しては、辺材部である「白太」の部分は柔らかく劣ります。
外壁に使用すると年輪の部分が痩せてしまい目が膨れる状態になり
耐久性に問題が生じてしまうことがあったのです(;´Д`)
焼杉の作り方には2つの方法があります。
一番の目的は耐久性を高めることです('ω')ノ
焼きすぎて芯までを炭化してしまっては、まったく意味がなくなってしまいます。
焼き具合の調節が非常に重要となってきます。

1.バーナー焼き
手軽に焼杉を作れる方法です
表面だけ軽く焼いて意匠性の高い焼杉を作る場合は
焼き具合の調節が簡単なバーナー焼きが適しています
しかし、このバーナーで焼く方法は簡単でいいのですが
厚みのある炭化層を作るには難しいとされています

2.三角焼き
この方法は主に西日本で焼杉板を作る際に行われてきた方法です
3枚の板を用意して、三角柱を作る要領で筒状に合わせて
その合わせた板を荒縄で縛り、中にカンナくず・新聞紙を入れて着火します
燃えているのは筒状の内側のため燃え具合を確認することが難しく
どのタイミングで消火するのかは経験と勘が必要になってきます
バーナー焼きはあぶりますが、三角焼きは杉板を燃やすことになるので
炭化層も厚くすることができます
今回は焼杉について紹介しました。
オシャレで耐久性が高いとされている外壁材ですが、最近はあまり目にすることがありません。
次回は焼杉外壁のメリット・デメリットについてお伝えします。
メリット・デメリットも理解したうえで焼杉外壁を検討してみてはいかがでしょうか。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552