オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「アルミサイディング」の特徴とメリット・デメリットについて。


外壁材の中でモダンな雰囲気を演出できるとして
人気が出てきているのが「金属系サイディング」です。
金属系サイディングと一言で言っても
ガルバリウム鋼板・アルミ・ステンレスなど金属の種類はいくつかあります(^^)
新しく外壁を金属系サイディングに張り替えるには
特徴やメリット・デメリットを把握しておく必要があります。
今回は「アルミサイディング」について紹介したいと思います。
アルミサイディング
外壁材には、4つの種類があることは以前紹介しました。
その中でも金属系サイディングは、他の外壁材よりも一味違うオシャレな演出をしてくれます。
また、工場内で一貫した品質管理のもとで生産されるので安全で均一な仕上がりにできます。
金属系サイディングには
◆ガルバリウム鋼板サイディング
◆アルミサイディング
◆ステンレスサイディング などの種類があります。
アルミサイディングは、アルミニウムを使用したサイディングボードになります。
デザイン性・耐久性に優れた表面材と
断熱性・防火性に優れた裏打ち材によって形成された乾式工法用の外壁材です。
サイディングを選択するうえで
建物を保護する防水性・耐火性などの性能面からコストの面まで含めて選択するようにしましょう!!
アルミサイディングの最もな特徴は「軽量性」です。
軽量性に優れていることで、建物自体への負担がかからないというメリットがあります。
耐震性などを気にされている方は、軽量性に優れているアルミサイディングがオススメです(*´ω`*)
1.軽量性
なんといっても軽量性が一番に挙げられるのではないでしょうか
軽量に優れているので建物自体に負担がかからなくすることができます
既存の外壁材に新しい外壁を張り付ける「重ね張り」は
外壁材が2重になるので建物が重たくなるデメリットがありますが
軽量なアルミサイディングを採用することで、建物への負担がなくなるため
重ね張りに適した外壁材と言えるでしょう
2.地震の揺れ・ヒビ割れに強い
軽量性にも関連することですが、軽量性に優れているアルミサイディングを採用することで
地震の揺れや変形に柔軟に対応することができるのでヒビ割れしにくいというメリットがあります
耐震性を重視されている方にオススメな外壁材です
3.サビにくい
アルミニウムはサビにくい性質を持っているので
サビにくくキレイな見た目を維持することができます
4.防水性が高い
水が建物内部に侵入してしまうと雨漏りの原因となりますが
金属サイディングは表面が金属でできているため、水をはじき外壁材が水を吸収することを防ぎます
5.断熱性に優れている
金属製サイディングは金属表面材と断熱材が一体となった製品のため
外気の影響を受けにくく室内の温度を保ち続けることができます
夏は涼しく、冬は暖かいという生活環境を実現しコスト面でも節約することができるでしょう
6.防音性に優れている
断熱材が充填されていることは断熱性だけでなく、音も吸収してくれる効果もあります
外からの騒音や生活音の漏れを防いでくれます
7.オシャレな雰囲気
金属ならではの質感でモダンでオシャレな演出を作り出すことができます
直線を活かしたデザイン・レンガ調のデザインなど種類が豊富にあり
好みに合わせてデザインを選択できるというメリットもあります
1.キズが付きやすい
大きな衝撃が加わると変形してしまったり、へこんだりしてしまうことがあります
また金属特有の欠点としてキズが付きやすいという面もあります
2.色のバリエーションが限られてくる
外壁の塗り替えの場合、希望の色味に調色された塗料を使用するため
色の自由度は高いですが金属サイディングの場合は
塗装工事に比べると色のバリエーションが限られてくるというデメリットがあります
今回は外壁素材の「アルミサイディング」の
特徴やメリット・デメリットについてお伝えしました('ω')ノ
アルミサイディングを検討されている方は、この記事をご覧になって
特徴やメリット・デメリットを把握したうえで決めましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552