オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

定期的なメンテナンスで長寿命の家にしよう!!


家をお手入れするのに欠かせないのは掃除です。
快適に暮らしていくには掃除は非常に大切ですが、定期的なメンテナンスも重要になります。
メンテナンスを行い家の性能を維持させるためには必要なものなのです。
そのメンテナンスを怠ってしまうと、家の老朽化が進み
長く住み続けることができなくなってしまいます(;´Д`)
パッシブハウス
家の寿命ってどれくらいなのかご存知でしょうか?
法律で決められた住宅の資産は
鉄骨造・鉄筋コンクリート造‥47年
木造‥22年
という耐用年数と定められています。
この期間をオーバーしてしまうと税法では、資産をみなされないものの
親子で長く暮らせる家として、30年以上建ち続ける家は多いです。
建物は時代とともにスタイルは変わり、基準として30年から50年は
建物として機能するようにと考えて建てられています。
基準は30年~50年とされていますが、定期的なメンテナンスをすることで
寿命を長くすることができ、長く住み続けることができるでしょう。
築200年を超える古民家が存在して、国や県で大切に保護されている家も多くあります。
保護されている古民家は、柱・梁も色ツヤがありキレイです。
このようなキレイな状態で古民家がキレイに残されている理由は
日本の気候風土に適した造りであることと、定期的に適したメンテナンスとお手入れをされていたからです。
藁葺きの屋根で考えると、かつて囲炉裏を焚いて生活をしていました。
その囲炉裏で下から燻されることで、屋根材に防虫効果が付帯されていたのです!!
また、ぬかを染み込ませた雑巾で床掃除などを行うことで、木材表面を保護する効果もありました。
もちろんのこと定期的に屋根・外壁の補修をして家を守り続けていたのです。
建築技術・建材・設備などの品質も向上していて、家の寿命も長くなっています。
長くなっているからといって、定期的なメンテナンスを怠ってしまうと
寿命を短くしてしまう恐れがあります‥。
窓やドアは毎日開け閉めするものなので、傷が付いたり壊れやすい箇所といえるでしょう。
また、室内に湿気がこもるとカビが発生してしまったり腐敗が進んだりしてしまいます。
カビの発生は健康にも悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。
メンテナンスの大切さについて理解してもらえたでしょうか。
現代の家は昔と比べると寿命は長くなりましたが、やはり定期的なメンテナンスは欠かせないものです。
いつまでも快適で長く暮らしていくには適した時期にメンテナンスを行いましょう('ω')ノ


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552