オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

床のリフォームについて~基礎知識をお伝えします。


床のリフォームについてお悩みの方は意外と多いように思います。
床は面積が大きな分、住宅の雰囲気を左右する重要な部分と言ってもいいでしょう(^^)
そして毎日歩く部分なので時間とともに傷みもひどくなってきます‥。
キズ・きしみ・汚れ・色褪せが目立つようになってきたら、リフォームを検討しましょう。
今回は床のリフォームについての基礎知識について紹介したいと思います。

フローリングの床
床のリフォームに失敗しないために、床の種類・重要性についてお伝えします。

1.床の種類
床に使用される材料は、用途と使用感によって色々な種類があります
種類の数は大まかに6種類あり、それぞれの特徴は以下のようなものです
●フローリング
主流となっている床材で、木材を加工したものです
掃除やメンテナンスが簡単なことから多くの住宅で採用されています
●クッションフロア
ビニールでできている木目調のもので、汚れ・キズがつきにくく安価です
●カーペット
高級感のある繊維質の床材です
ダニが付着しやすく繁殖しやすいというデメリットが多く挙げられています
●石材
大理石・御影石などあり水周りに使用することが多いです
●タイル
1枚1枚のタイルを並べて設置するもので、お手入れが簡単です
●畳
和室に使用されることが多く、草を加工した床材です
メンテナンスの手間がかかることがデメリットとして挙げられています

2.床の重要性
床は直接足に触れるものです
そのため質感・肌ざわり・滑りにくさについて考えなければなりません
床が滑りやすいと、不安定になり足元がおぼつかなくなってしまいます
子供や高齢者がいらっしゃる家庭では、転倒してケガをしてしまう恐れも考えられるので
環境に適した床材を選択するようにしなければなりません
そして初めにお伝えしたように、住宅の雰囲気を左右する重要な部分でもあります
床材や色を変えただけでも雰囲気がガラリと変わることでしょう
床のリフォームは、床材によって内容は異なります。
主流となっているフローリングの場合は、張替えと重ね張りの2つの方法があります。
張り替えは既存の床材を剥がして新しい床材に張り替える方法で
傷みがひどい場合は張り替えを行います。
一方重ね張りは既存の床材の上から新しい床材を重ねて張る方法です。
小規模な工事で済み、費用も抑えることができます。
床の状態によってリフォーム内容は異なるので、業者と相談して決めましょう!!
また、リフォームを行う理由はほとんどの場合床材がひどく傷んでいる場合に行います。
気になることがあれば一度業者に相談することをオススメします。
壁や室内のリフォームを行う際に、一緒に床のリフォームを行うケースも多くなってきています。
この記事をご覧の方は、床材のチェックをしてみてはいかがでしょうか。
いかがでしたか?
床のリフォームの基礎知識についてお伝えしました。
歩くたびに床がギシギシと音がする・汚れや傷が目立つようになってきたという方は
業者に相談してリフォームを検討しましょう。
床の不具合をそのまま放置していると
最悪の場合、床が抜けてしまう‥なんてことにもなりかねません(;´Д`)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552