オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

フローリングのワックスを塗り直す~必要性と種類~


家の床は毎日歩くのでワックスをかけていたら
部分的に剥がれてしまったり、ツヤがなくなったりして塗り直しを検討しなくてはいけません。
そもそもフローリングのワックスかけにはどのような効果があるのかをご存知でしょうか('ω')ノ
今回はワックスかけの必要性と種類についてお伝えします。
フローリングの床
フローリングはデリケートな建材のため、椅子を引きずっただけでもキズができてしまいます。
そんなフローリングにワックスを塗るだけでフローリングに膜が形成されて
膜がクッションとなりキズを付きにくくし、汚れも防いでくれます。
床にキズや汚れを付けたくなくても、そのことばかり気にして生活するのもしんどいです(T_T)
しかしワックスを塗り保護することで生活が快適になるでしょう!!
またワックスには美観効果もあり、木材そのものにツヤはなくても
光沢が出てキレイに見せることができます。
フローリングにツヤがあるように見えるのはワックスのおかげなのです。
床の目に見えない凸凹をワックスが埋め平らにしてくれることで光が均一に反射するようになります。
冒頭でお伝えしましたが、フローリングはキズも汚れも付きやすいです‥。
裸足でフローリングを歩くだけでも皮脂汚れが付着してしまいますが
ワックスを塗ることによって、膜がフローリングを保護してくれるので
汚れがついにくく落ちやすくなるため普段の掃除が大変楽になることでしょう!!
ワックスにはいくつか種類がありますが
どのワックスを選択すれば良いかわからない方も多くいらっしゃるので
それぞれの特徴についてまとめました(*´з`)参考にしてみてください。

◆水性ワックス
天然や合成のロウを乳剤に使用しているものになります
イメージは表面にロウを塗ると考えましょう
メリットは簡単に剥離ができるということが挙げられています
しかし強度・耐久性が低いため頻繁に塗り直しをしなければならないことから
現在ではあまり使用されなくなりました
またフローリングが滑りやすく、乾拭きが必要というデメリットもあります
◆樹脂ワックス
乳剤は合成樹脂で、今最も流通しているワックスで水性樹脂ワックスとも呼ばれています
塗膜はとても固く光沢もあり、水や洗剤、摩擦に強く滑りにくくなることが特徴です
水性ワックスと違い剥離が難しく剥離剤が必要になるでしょう
樹脂ワックスの成分には2つのタイプがあり以下が特徴です
「アクリル樹脂系」
フローリングに密着して浸透するため、美しい塗膜を形成することができる
ただし単体ではフローリングワックスとして適していない
「ウレタン樹脂系」
伸縮性のあるフローリングに適している
液体粘土が強くて重ね塗り作業が難しい
◆油性ワックス
油を主成分にしているものになります
フローリングに染み込むことで素材表面に膜を形成します
水分を嫌う仕上げ材(木材)などの保護に使用することが多いでしょう
いかがでしたか?
今回はフローリングのワックスの必要性と種類について紹介しました。
樹脂ワックスが主流となっていますが
使用することのできない素材・特性などは商品によって異なるので
事前に確認することをオススメしています(^^)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552