オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

トイレリフォームを失敗しないために‥よくある失敗例を知ろう!!


暮らしの中で必ず使用しる場所は、いくつかありますがその中でもトイレは必要不可欠なものです。
しかしこのトイレも毎日使用することで、老朽化してしまいます(;´Д`)
和式から洋式へ‥タンクや便座なども日々進化しています。
今回はトイレのリフォームを検討されている方に向けて、よく起こる失敗例を紹介したいと思います。
トイレ
失敗例1.床の黒ずみ
トイレリフォームを検討する際に、床を他の部屋・廊下に合わせたいと考える方が多いです。
トイレを落ち着いたオシャレな空間にするために
無垢材や複合フローリングなどの木材の床を選択されることがありますが
1年足らずで床が黒ずみだらけになってしまった‥という失敗例があります。
ナゼ黒ずみしてしまうのでしょうか(T_T)
実はパイン材をはじめ木材の床は水に弱いという弱点があります。
またアンモニア・トイレ用洗剤が付着すると、腐食や変色をしてしまいがちです。
見た目はオシャレな床材ですが、トイレの床としては向いていません。
トイレマットを敷く・こまめに掃除をするなどの対策をしていても
かなりの確率で黒ずんでしまうので注意しましょう!!
失敗例2.狭くなってしまった
最近のトイレは様々な機能が搭載されていて、便利になっていますが
トイレのタイプによってはサイズが異なっているので、広さを考慮して選択しないと狭くなることがあります。
便器周りのスペースが狭くて使用しづらい・掃除もしづらいというデメリットが挙げられます。
空間が狭いトイレであればサイズが小さいタイプのトイレを選択するようにしましょう。
失敗例3.ドアの開き方
細かくなりますがトイレのドアの開き方も重要なポイントになります。
内開きのドアに変えたら出入りがしにくくなった
スリッパを置くスペースがなくなったなどのケースがあります。
また、もしも中で倒れてしまったらドアが開けられなくことも考えられます!!
そのため介護者と生活をしているご家庭には、内開きのドアはオススメできません。
廊下にドアを開けるスペースがない場合は、引き戸タイプ・折れ戸タイプを選択しましょう。
快適な場所にする
内装もリフォームする際は、照明などにも気を付けるようにしましょう。
オススメは明るい照明のLEDライトです!!
収納スペースについても、使いやすい場所に設置するようにしましょう。
また安全面を考えるのであれば手すりの取り付けも考慮するようにしてください。
トイレのサイズ
トイレの空間に合わない大きさの便器を選択しないようにしましょう。
事前にどのくらいのサイズが適しているのか確認してから選択することがポイントです。
内装ばかりで機能性を忘れないようにしてください!!
トイレは用を足す場所であることを忘れないでください(; ・`д・´)
衛生面に配慮する
床を変更する場合は、掃除しやすいものを選択するようにしましょう。
長くキレイを維持するためにも耐水性・耐アンモニア性のものを選ぶといいでしょう。
便器についても掃除しやすいものを選ぶことです。
こまめに掃除を行っていても、手入れの行き届かない箇所は出てきます。
①便器の内側にふちの段差がない
②便器の表面を滑らかにする技術
③水を流すと同時に洗剤も流れる
などの便器自体に汚れが残らないようにする機能が付いているものもあるので、掃除を行うのが楽になります。
節水・節電機能
最近のトイレは少量の水で流せるものも登場しています。
トイレは水道代ばかりに目がいってしまいがちですが、電気代もかかっています。
最新のものであれば、電気代も安く抑えることができるでしょう。
いかがでしたか?
トイレリフォームの失敗例と成功するポイントについて紹介しました('ω')ノ
日常の生活の中で欠かすことのできないトイレで
少しでも不便だなと感じたら、快適で清潔にするためにも
トイレのリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552