オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

雨漏りの原因を特定するにはどうするの?


天井シミ
「雨漏りしているけれどどこから雨漏りしているのかわからない」「雨漏り原因がわからない」
などというお悩みを抱えている方はいませんか?
雨漏りを放置していると隙間から雨水が浸入して、木材などが腐食してしまうことがあります。
でも、どこから雨漏りしているのか原因がわからなければどうしようもないですよね(;´Д`)
今回は雨漏り原因の特定方法を紹介したいと思います。
まずは雨漏りしている箇所を確認しよう!!
雨漏りの原因を特定する前に、まず雨漏りしている箇所を確認することが大切です。
どこから発生しているのか・どのような状態なのかを目視でいいので確認してください。
状況をきちんと把握することで適した判断・処置をすることができます。
また雨漏りの発生箇所が他にもある可能性もあります( ゚Д゚)
発生している箇所だけでなく、その他にも発生していないかを確認することも重要になります。
天井からの雨漏りの場合は、屋根裏も確認するようにしてください。
自分で調べてみても原因がわからないときは、業者に雨漏り調査をしてもらいましょう。
業者は様々な方法で雨漏りの調査を行います。
↓ 以下が調査方法です ↓
1.目視調査
業者による調査方法の基本は、目視調査になります。
雨漏り箇所を確認して、どのような状態なのかも確認します。
目視で確認できない箇所は、カメラを使用することもあるでしょう。
どのような状態になっているのか説明してくれるので、しっかりと聞きましょう。
2.散水調査
晴れている日に水をかけて、水の流れを見て雨漏りの箇所・原因を調査する方法です。
しかしこの方法は晴れた日でなければ行えないため、梅雨時期などは難しいです。
散水調査は実績のある業者に依頼することをオススメします。
3.紫外線投射発光調査
雨漏りの発生箇所と思われる部分に紫外線を当てて調査する方法です。
紫外線に青白く光る液体をかけるので水の流れを把握することができます!!
また軽度の雨漏りでも反応するので原因を特定しやすい方法とされています。
建物がどんな構造であっても天候に関わらず調査することのできる方法になります。
雨漏りが発生した際に、どのように応急処置をすればいいのでしょうか。
自分でできる応急処置のやり方について紹介します。

応急処置の方法として、室内が雨水で濡れてしまわないように
バケツで水を受ける・ブルーシートや防水シートを敷くなどが効果的です。
そしてその上に新聞紙や雑巾を置いておくとバケツからの水はねを抑えることができます。
屋根裏部分を確認することができるのであれば、雨水が落ちている部分に
ブルーシート・防水シートを敷いておきましょう。
雨漏り箇所を特定できない場合も広範囲を覆うことのできるブルーシートが役に立ちます。
ただし屋根にあがりブルーシートを覆うことは、大変危険な行為です!!
大きな事故に繋がる可能性が高いので決して行わないようにしてください(; ・`д・´)
雨漏りを放置していても悪化していくだけで、なおることはありません。
今回お伝えした応急処置を施しながら業者に相談するようにしてください!!
自分で原因が特定できない場合は、業者に調査を依頼して特定してもらいましょう。
修理するのが早いほど費用を抑えることができるので
雨漏りを発見したらなるべく早く修理するようにしましょう('ω')ノ



住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552