オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ツーバイフォー(2✖4)工法について知ろう!!


ツーバイフォー(2✖4)住宅という言葉を耳にしたことはありませんか?
住宅の建て方のことを指しているのですが、実際にはよくわからないという方は多いと思います(*_*)
そこで今回はツーバイフォー住宅のメリット・デメリットについて紹介ます。

ツーバイフォー住宅
ツーバイフォー工法は、木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。
ではナゼ「2」と「4」の数字が出てくるのかと疑問に思われたのではないですか?
この数字は住宅を建てる際に使用される角材のサイズが「2インチ」と「4インチ」であるためです。
角材の大きさによって
ツーバイシックス(2✖6)・ツーバイエイト(2✖8)・ツーバイテン(2✖10)などの工法があります。
この均一の角材と合板を接合し、柱や壁の代わりに壁・床・天井・屋根部分を構成して
これらを組み合わせて箱状の空間を作っていきます。
既製サイズの角材に合板を合わせ組み立てていくという単純な工法なので
高度な技術などは必要ないということが特徴です。
例えるとしたら‥段ボールがわかりやすいですかね(^^)
厚紙1枚では簡単に折れ曲がってしまうけれど、箱にすると物を入れたり積み上げたりすることができ
上や横から押しても簡単にはへこみませんよね。
ツーバイフォー工法に代表される「木造枠組壁工法」は
この6面体の箱を横に並べたり上に積んでみたり、箱の中を仕切ってみたり
箱の一部をくり抜いて窓などの開口部を作るという考え方なのです。
この工法の始まりは、西部開拓時代のアメリカで熟練の技を持つ職人不足という事情から
ツーバイフォー工法が広まり、標準的な木造住宅の工法になったとか‥。
現在ではアメリカ・カナダの木造住宅の役9割はツーバイフォー工法といわれています♪♪
まずメリットですが、耐震性と耐風性が高いことが挙げられます。
面で構成されているため地震や風などの外部要因に対して強いです!!
もちろん在来工法でも耐震性や耐風性は高いですが、設計と工事が必要になってきます。
もう一つは、在来工法よりも高断熱・高気密であるということ。
これも面で構成されているためなのですが、冷暖房効率だけでなく耐火性にも影響して
ツーバイフォー工法の住宅は「耐火性能にも強い」と認識されているので
火災保険の費用を抑えることもできるのです(*´ω`*)
また工期も比較的短いです。
従来工法は手作業が多いので工期も長くなってしまうのですが
ツーバイフォー工法は分業しやすいので工期が短くなります。

次にデメリットですが、間取りに制限があったり変更すすのが難しいということが挙げられています。
面で構成し「箱」のような形になるので、壁を抜いて広くすることも構造上難しくなってしまいます。
後からリノベーションをしようと思っても、間取りの変更などの大規模な工事は
思うようにできないということもあるので注意しましょう。
また開口部を大きくすることが難しいことも挙げられます。
開口部を作るには「箱」の一部をくり抜くことになるので、支えとなる壁の強度が低くなってしまいます。
そのため在来工法と比べると自由に構成することができません。
最後に先ほどメリットでお伝えした高断熱・高気密ですが
高断熱・高気密であるがゆえのデメリットもあります(T_T)
それは内外の温度差が大きいことで生じる「結露」です。
結露はカビ・ダニの発生原因にもなるため、結露対策を欠かせないということです!!

住宅工法は、建ててから変更することはできません。
そのため間取りやデザインなどわかりやすい特徴だけでなく
住宅を建てる際は、どの工法が自分に適しているのかを事前に考えておくといいでしょう(^^)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552