オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

どの色にしようかな?内装の色に迷ってしまったら‥。


床材色
もう3月になり、季節はすっかり春ですね(*´ω`*)
街を歩いている方を見てみると明るいカラーを着こなしている方が多く見られます。
ふと考えると日々の生活の中で「色」を選ぶことって意外と多いと思いませんか?
服や雑貨などを購入する際にデザインはもちろんのこと「色」に関しても選ばれているでしょう。
この色選びは、リフォームについても同じです。
屋根・外壁・床材・壁紙・天井など本当に多くの色を選ばなくてはならないのです。
その他にもインテリアの色選び、家具やカーテンもあります。
今回はリフォームに大切な「色」についてお伝えしようかなと思います♪♪
好きな色・嫌いな色は人それぞれで、好みがはっきりとわかれることが多いです。
また色の好みは性別・年齢・世代によっても異なります。
色を見た時に「キレイ!」「汚い‥」などの感情や、連想する情景は
その人の経験したこと・記憶・学んだことのすべてが関係してくるとも言われています。
このようなことから色の好みは”目”ではなく”脳の働き”によるものではないでしょうか(^^)

色は「色相」「明度」「彩度」の三属性からできています。
●色相‥色味の違い(赤系・青系・黄系にわかれます)
●明度‥明るさの度合い
●彩度‥鮮やかさの度合い
はじめの「色相」がその人の色の好みということになります。
好きな色が1つとは限りませんが「暖色系」や「寒色系」などの感じ方の違いがあるでしょう。
インテリアのカラーは
「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」を組み合わせて考えます。

●ベースカラー‥床・壁・天井などの内装材の色
●メインカラー‥家具・カーテンなどのインテリアアイテム
●アクセントカラー‥クッション・照明・アート作品
ベースカラーについては、空間の面積の約70%を占めるとされているため
交換となると費用がかかるので耐用年数は長くなくてはいけません!!
飽きのこない茶色・ベージュ・白などを選ばれる方が多いでしょう。
床材の色で薄い色にするか濃い色にするかを迷われる方がいらっしゃるのですが
明るい空間が好みなら薄い色のベージュ
シックな雰囲気が好みなら濃い色の茶色をオススメしています。
また濃い色を選ばれた方で「部屋が暗くならない?」「狭く感じない?」という声を聞くのですが
これらのことは窓の大きさや日照条件などにもよりますが
ソファーやラグマットを設置すると床が見える面積は小さくなるので
メインカラーである家具・カーテンなどにベージュや白の明るい色を選ばれれば
重くなりすぎない落ち着いた空間にすることができるでしょう。
色を選ぶ際のポイントについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
インテリアと色の関係を考えると、どのような空間にしたいのかをイメージして
ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの3つを上手く組み合わせて
家具・照明をトータルでコーディネートすることが大切だと言えるでしょう(*'ω'*)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552