オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

「改築」って何?改築についてお伝えします。


外壁
「改装」という言葉を1度ぐらいは耳にしたことがあるかと思いますが
どのような意味かを知っていますか?
今回は「改装」とはどのようなものなのか、意味などを詳しくお伝えしたいと思います(^^)

「改築」とは日常的に使用されている意味と、建築基準法で定められた意味があり
この2つが異なった意味で使用されているため誤解を生みやすいといわれています。
日常的に使用される「改築」は住宅の修理・リフォームなどの意味で使用されること多いですが
建築基準法上の定義によると、床面積を大きく変えることなく
建て替えや間取りの変更を行うことを指しています。
日常的に「改築」という言葉を使用する際はそれほど意識しなくてもいいですが
実際に住宅を改築する場合は、建築基準法上の改築に当たるかどうかが
大きな意味を持ってくるので注意が必要になってきます(;´Д`)
●「新築」と「改築」の違い
改築はもとからあった建物の一部または全部を作り直すことを指すのに対して
新築は建物がなかった敷地に新しく建物を建てることを指します。
できるものは同じかもしれませんが、もとの敷地に建物があったのかなかったのかは
手続き上で異なってくるので注意しましょう。
●「増築」と「改築」の違い
増築は字そのままで、住宅の床面積を増やすために行う建て増しのことを指します。
その一方で改築は、床面積を変えずに建て替えることを指しているので
床面積が増えるか増えないかで言葉の意味が違ってきます。
思うように床面積を増やせればいいのですが、土地には様々な条件があり
都心部などを中心に難しいところが老いのが現状です。
●「改修」と「改築」の違い
改築と似た言葉で改修というものがあります。
この2つ何が違うのかというと、改築は住宅の構造部分の一部や全部を壊して新しいものに修理します。
それに対し改修は、壊さずに修理を行うことを意味します。
例を挙げると、部屋のクロスを変える・キッチンを新しいものに交換するなどが改修です。
二世帯住宅のように建物の一部を壊して新しいものにつくり直す場合は改築になります。
1.間取り変更
壁・間仕切りを取り壊して部屋を広々としたいという場合などが、間取り変更になります。
ここで重要になるのが、取り壊そうとしている壁が構造用重要な耐力壁かどうかです。
この場合、構造計算のやり直し・補強の工事が必要となってしまうので費用がかさんでしまいます。
2.全面改装
中古住宅を購入したり、住宅全体が老朽化している場合に行うのが全面改装です。
最近では”リノベーション”とも呼ばれています。
どこまで改装するのかによって費用が異なってきますが
マンションと比べると戸建て住宅の方が高額になってしまうことが多いです。
3.二世帯住宅
二世帯リフォームも、独立型・共有型・融合型のタイプによってかかる費用や工期は変わってきます。
独立型が最も費用や工期がかかり、融合型が安価で工期も短いとされています。
キッチン・お風呂・玄関を共有するのか分けるのかで異なり
改築といっても内容はそれぞれ違うので、まずはどこまで改築するのかを家族と話し合いましょう!!
大体決まれば業者に相談して、適したアドバイスをもらうようにするといいでしょう。
いかがでしたか?
増築や改築などのリフォームは、色々制約があって法律上も複雑になっています(T_T)
予算やどのようにリフォームしたいのかを明確にして
信頼できる業者に相談して、適したアドバイスをもらうのがいいでしょう。
業者を選ぶ際は、経験の豊富な業者を選ぶことをオススメします。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552