オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

シャッターは外壁塗装と同時に行うとお得!その理由とは?


外壁塗装というと、どうしても壁ばかりを思われてしまいがちですが
屋根・外壁・ベランダの防水などの工事を同時に行ったほうがいいのと同様で
シャッターなどの付帯部なども同時に塗装したほうがいいというメリットがあります('ω')ノ
今回は、外壁塗装の際にシャッターも塗装したほうがいい理由についてお伝えしたいと思います。
シャッター
防犯対策や台風などの強風・大雨を防ぐ目的として、シャッターが付いているお家は多いです。
外壁塗装をする際は、是非同時にシャッターなどのメンテナンスも行うようにしましょう。
ナゼ同時に行う方がオススメかというと‥
1.コーディネートのため
はじめに挙げられる理由としては、シャッターも経年が経つと
サビや色褪せなどの経年劣化が見られるようになります。
これはシャッターだけでなく付帯部全部に言えることなのですが
外壁だけを塗装してキレイにしても、他のサビ・色褪せした劣化部分が目立ってしまい
せっかくキレイにした外壁が残念‥という結果になってしまうからです。
また、外壁塗装と同時に行うことで色を合わせることができてトータルコーディネートすることができるでしょう。
2.費用を抑えるため
もう一つ挙げられている理由は、2階部分のシャッターを塗装する際は足場を設置する必要があります。
設置する足場は種類や面積にもよりますが、15~20万円が相場とされています。
屋根・外壁などの工事をする際に付帯部も同時に行うことで
この足場の費用を抑えることができて、別々に工事をするよりかお得になります。
シャッターの塗装を行う際は、以下の2点に注意するようにしなければなりません(; ・`д・´)
注意① 塗膜の厚さ
シャッターは鉄・アルミ・ステンレスといった金属でできています。
そして横に長い金属板を連結し巻き取ることで収納します。
シャッターの塗装に関しても屋根・外壁塗装と同じで
下塗り中塗り→上塗りの3工程が異本になります!!
塗料を刷毛などで塗ってしまうと、塗面が厚くなりすぎてしまい
シャッターを下ろした状態から動かなくなってしまったり、巻き上げの際に途中で止まるなどの
不具合が引き起こってしまう可能性が出てきてしまいます。
シャッターの塗装はスプレーで塗布していくことで、塗膜を薄くすることができるでしょう。
注意② 塗膜の乾燥
乾燥をきちんとすることで塗膜の強度は増します。
シャッターなどの動きが激しいものは、乾燥が不十分だと動きによってはキズが付いてしまうことがあります。
また、巻き取った際に塗料がくっついてしまい動かなくなってしまうこともあるのです。
このような事態にならないためにもしっかりと乾燥をしなくてはなりません。
いかがでしたか?
外壁の工事に限らず、屋根の塗装や葺き替えの際には付帯部に関しても
メンテナンスをしてもらうようにしてください(^^)
別々で工事するとなると足場代だけでも費用が高額になってしまいます‥。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552