オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風による被害‥被災後に行う対処を知ろう!!


きちんと住まいのメンテナンスを行いリスクに備えていたとしても、台風は自然現象です(;´Д`)
発生したことは天気予報でわかりますが、どのくらいの被害が起こるのかはわかりません。
自分の住まいが被災してしまったら、一刻も早く元通りになるよう目指して
今回紹介する対処を行うようにしましょう!!
台風被害
1、台風が去った後で状況を確認する
台風が屋根材を吹き飛ばした際、天井からの音に驚くかもしれません。
しかし台風通過中はできる限り家の中にいてください!!
※行政からの避難準備情報及び避難勧告が出た場合を除く
屋根の状態を確認しようとした際、飛ばされた屋根材でケガをしてしまう恐れがあります。
屋根の状態を確認するのは、台風通過後の安全が確認されてから行うようにしましょう。
2.雨をしのぐための応急処置をする
台風によって屋根材が吹き飛ばされた際は
まず雨に備え破損個所をブルーシートで覆う応急処置を行いましょう。
この応急処置を行わないと浸入した雨水で更に屋根が傷んでしまい、室内へと被害が広がってしまいます。
可能な限り早く応急処置を行わなければなりません!!
しかしブルーシートを屋根に設置する作業は非常に危険なので、素人の方はやめてください。
ブルーシートを設置する際、足を滑らせ落下する事故が多く発生し命を落としてしまうことも‥。
3.屋根修理業者に修理依頼をする
台風で屋根が被災してしまった際、理想はすぐに業者が駆けつけてくれることですが
広範囲で被害が発生している場合は、順番待ちになることが多いです。
ブルーシートで覆われていても、一時しのぎの応急処置なので
早めに屋根の修繕を行ってもらわなければなりません。
台風シーズンが到来する前に、もしものときに備えて
どこの業者に依頼するのかを決めておくと探す手間が省けます。
4.保険会社に連絡する
火災保険は、火事だけでなく台風や竜巻による被害にも適用されます。
しかし以前もお伝えしましたが
保険会社によっては初めから付帯しているケース
オプションで後から風災保険を付けるケース
の2つのパターンがあるので、自分が加入している保険について確認しましょう。
風災補償に加入されている場合、被災後に加入している火災保険会社の窓口に連絡をして
「被災受付け」を行いましょう!!
この受付けを行わないと必要な書類が送られてこないので
被災後はなるべく早く受付けを行ってください。
いかがでしたか?
屋根のメンテナンスは、年々被害が大きくなる台風のリスクに備える意味でも非常に大切です。
「まだ大丈夫だろう。」と後回しにするのではなく、早めに点検を行ってください。
もしも台風によって被災した場合には、この記事が何かしらの役に立てると嬉しいです('ω')ノ


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552