オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

木造外壁を塗装する手順についての紹介


木造外壁を塗装するには、ただ塗るだけでは不十分になります。
塗装を成功させるためにはいくつかの手順があります(^^)
今回は塗装をする手順に加えて、必要な材料や道具を紹介したいと思います。
塗装するには塗料はもちろんのこと多くの材料や道具が必要になるので
何を用意するべきなのかこの記事をご覧になり、必要な物を確認しましょう。
木造住宅
塗装に使用する塗料には、そのままで塗ることが難しいものもあります。
難しいとされる場合は”うすめ液”を使用するのですが、塗料によって異なります。
●水性塗料‥水
●油性塗料‥ペイントうすめ液(主成分はシンナー)
塗料とセットで使用するものになるので、塗料と一緒に購入しましょう!!

塗料以外の必要な道具
■ローラー・刷毛
■塗料の受け皿
■ウエス
■マスキングテープ・マスカー
■サンドペーパー
ローラーや刷毛のどちらを使用するのかについては、塗料によって指定されていることがあるので
指定に従ってどちらにするのかを確認しましょう。
上記の物以外にも、自分を保護するのに必要な物があります。
■ビニール製の手袋
■汚れてもいい服・レインコート
布や革製の手袋は、塗料が染み込んでしまう可能性があるのでビニール製の手袋がいいでしょう。
また、塗料が余ってしまうこともあるので事前に塗料処理剤も用意しておきましょう。
木造外壁を塗装する手順については、ペンキとステインで少し異なることがあります。
【ペンキの場合】
ペンキで塗装を行う場合”1回塗りで大丈夫”という塗料もあるのですが
建物を保護するためには下塗り・上塗りを行うことが重要になります。
下塗りには木材専用の下塗り用塗料が使用されます。
下塗り塗料がきちんと乾いた後、サンドペーパーで表面のザラザラを取りましょう。
下塗りが完了したら、上塗り用塗料を使用して塗装を行います。
※塗装する前に必ず木材用であるのかを確認するようにしてください!!
【ステインの場合】
ステインを使用する場合は、下塗りの段階からステインを塗装することになります。
ステインを重ね塗りしたり透明な塗料を塗り重ねたりして仕上げていきます。
木造外壁を塗装する際に必要となる道具と手順について紹介しました。
DIYで塗装を行う方もいらっしゃいますが、キレイな仕上がりにしたい場合は
業者に依頼することが一番です('ω')ノ
DIYと比べると費用はかかってしまいますが「失敗した‥」なんてことに
ならないためにも業者に依頼して、塗装を行いましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552