オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

こんなはずじゃなかった‥よくある工事のやり直し理由とは?


大切な住まいをリフォームするには、それなりの費用がかかるので
トラブルに巻き込まれることなく、無事に終わらせたいものですよね(;´Д`)
しかし様々な理由から「こんなはずじゃなかった‥やり直してほしい」と思われる方もいることでしょう。
やり直しと一言で言っても、理由は住まいによって様々です。
今回はよくあるやり直しの理由について紹介したいと思います。
外壁
やり直しと一言で言っても、やり直しの理由は住まいによって様々です(; ・`д・´)
よくあるやり直しの理由としては
●塗り残しがある
●ムラがある
●希望していた色と違う
●違う色にししたくなった
などの理由が挙げられています。
そのような理由であっても「やり直したい‥」と思われたらすぐに業者に相談しましょう。
要望を聞いて適した提案をしてくれるはずです!!
「気にはなるけれど‥」と業者に相談することを遠慮してしまう方もいるかと思いますが
そのまま放置してしまっていると、劣化スピードが速まったり
雨漏りを引き起こしてしまう可能性も出てきます( ゚Д゚)
1.モルタルやコーキング部分のヒビ割れ
下塗りをして均等な厚さでモルタルを塗っていない場合は
数ヶ月ほどでヒビ割れが生じてしまう可能性があります。
サイディングで外壁を仕上げる場合も
ボード同士をつなぐコーキング部分にヒビ割れが生じてしまうことがあります。
工事が丁寧に行われていなければ数ヶ月ほどでコーキングに空洞が生じることも‥・
2.屋根周辺のコーキング部分からの雨漏り
屋根周辺のコーキングに問題があると、雨漏りの原因となることがあります。
表面に空洞がある場合も雨水が浸入してくる恐れがあります。
3.サイディングの浮きや剥がれ
モルタルと比べるとサイディングはヒビ割れしにくいとされていますが
保護塗料が不十分な時は、素材の一部が浮いたり剥がれたりしてしまいます。
通常であれば施工してから5~10年は塗料が持ちますが
きちんと施工されていなければ数ヶ月~3年ほどで浮きや剥がれが生じてしまいます。
4.門柱や金属部分などの汚れ
塗装の際は、塗装しない部分を養生シートで保護するのですが
しっかりと養生していなければ、門柱や金属部分に塗料が付いてしまい汚れてしまいます。
子の汚れについては、工事後すぐに確認することができるので
外壁塗装が終わった後すぐに確認を行い業者に連絡しましょう。
よくあるやり直しの理由について今回はお伝えしましたが、いかがでしたか?
やり直しの理由は住まいによってそれぞれ違ってきます。
はじめにお伝えしたように「やり直したいな‥」と少しでも思われたら
すぐに業者に相談するようにしてください(*´ω`*)
次回は気になる費用についてお伝えしたいと思います!!


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552