オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

物置が欲しい~種類と設置のポイントを紹介します。


物置
荷物が多くなってきて収納のためにと物置の設置を検討されている方はいませんか?
物置と一言で言ってもいくつか種類があるので
住まいの地域環境によって適した物置を選ぶ必要があります。
そして設置する際にもいくつかのポイントがあるので
今回は物置の種類・設置ポイントについてお伝えします(*´ω`*)
1.一般タイプの物置
一般タイプの物置とは、主に寒冷地以外の積雪が少ない地域に向いている物置のことを指します。
約60㎝以下の積雪まで耐荷量があります。
2.断熱タイプの物置
断熱タイプの物置とは、主に寒冷地などの積雪が多い地域に向いている物置のことを指します。
約60㎝以上~約1m以下の積雪まで耐荷量があります。
寒冷地では結露が生じやすいため物置にも結露対策が必要になっていて
結露軽減のために屋根部材の室内側に断熱材を張り付けた仕様になっています。
また、断熱タイプの物置は外壁と内壁の間に断熱材を挟むことで湿気や熱を軽減することもできます。

【物置の扉にも種類がある】
●全面開口タイプ
扉が全開できるタイプの物置になります。
引き戸の場合はどちらかが閉じた状態になるので、真ん中に置いている物が取りにくいことがあるのですが
全面開口タイプなら物の出し入れがスムーズに行うことができるでしょう。
しかし扉を開くスペースが必要になるため壁の間に挟まれたような狭い場所には設置することができません。
●二枚扉タイプ
一般的な物置に多いのが二枚扉タイプです。
上記でお伝えした引き戸は二枚扉のことで、どちらかを開けると反対側が閉じた状態になるので
物を片側づつ取り出さなければなりません。
しかし引き戸タイプなので狭い場所でも設置することができます。
●三枚扉タイプ
三枚扉は二枚扉と比べると開口が広いので、物の取り出しがスムーズにできます。
また扉が3分の2開くため真ん中の物が取り出しやすくなります。
三枚扉タイプも引き戸になっているので狭い場所に設置することができます。
物置の設置場所前後には約10~20㎝の余裕が必要
物置を設置する際は、物置の前後左右に約10~20㎝の余裕が必要とされています。
ほとんどの物置は屋根の寸法が土台よりも広めに設計されています。
通気性をよくするために物置の下に基礎ブロックを置く
物置を地面の上にそのまま設置してしまうと
雨の際に物置が浸水してしまったり、風通りが悪くなるなどして
物置の中の湿度が高くなってしまい荷物に悪影響を与えてしまう可能性があります。
そのため通気性を良くする対策として、物置の下に基礎ブロックを置くようにしましょう。
水平を調整する
物置を設置するにあたって、基礎である土台の施工がしっかりと水平になっていないと
傾きが生じてしまい、扉の開閉がしにくくなるなどの問題が発生します。
販売されている物置の中には組み立て完了後に水平を調整できるものもありますが
この機能が付いていない物置に関しては、業者に水平調節してもらうか
水平を測る計測器などを使用して調節するようにしましょう。
転倒防止のアンカー工事をする
アンカー工事とは、船を繋ぎとめる碇のように地面と物置をアンカーボルトで繋ぎとめる工事のことを指します。
地震や台風などの自然災害はいつ襲ってくるかわかりません‥
危険を避けるためにも安全に配慮してアンカー工事を行うようにしましょう。
いかがでしたか?
今回は物置の種類と設置ポイントについてお伝えしました。
お住いの環境に合った物置を選ぶようにしてください('ω')ノ
また、設置する際のポイントをきちんと理解して設置するようにしてくださいね。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552