オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天井を断熱したい!!まずは工法・費用について知ろう。


天井に断熱処置がない場合、室温が高くなったり逆に寒かったりして
電気代もかさんでしまいますよね(;´Д`)
そこで手軽で経済的な天井断熱がオススメです!!
今回は天井断熱リフォームの施工方法・費用などについてお伝えしたいと思います。
天井
天井の断熱リフォームは、天井裏に断熱材を設置する方法が一般的です。
施工方法は2つありそれぞれをまとめました。

1.敷込み工法
敷込み工法は、天井裏に断熱材を敷設する工法のことを指します。
敷込み工法の流れ
①壁体内への外気の侵入を防ぐためカットした断熱材で壁の中の空気の通り口を塞いで気流止めをします。
②吊木周りに隙間が生じないよう断熱材に切り込みを入れながら敷込みます。
③屋根裏全体に断熱材を敷込んで完了です。
比較的安い費用で施工できる工法ですが、隙間が生じないように断熱材を適切に敷設しないと
期待するような断熱効果は得られません。
2.吹込み工法
吹込み工法は、天井裏に綿状の断熱材を吹込む工法のことを指します。
吹込み工法の流れ
①敷込み工法と同じく気流止めをします。
②専用の機械を使用して断熱材を300mm以上の厚さまで吹付け完了です。
吹込み工法は専門業者による施工が必要になるため、費用は少し高くなるのですが
断熱材が綿状のため隙間が生じにくく断熱効果は高くなります。
また、既存の断熱材がある場合は上から吹込むこともできます。
リフォームを検討するときに気になるのが、やはり費用のことでしょう。
天井断熱リフォームにかかる費用は施工面積以外にも
施工内容によっても大きく異なってしまうのです。
費用の相場・断熱材の種類と価格について確認しましょう(^^)

1.天井を剥がす・剥がさない
同じ工法だとしても、天井を剥がして施工を行う場合と剥がさない場合とでは費用も違ってきます。
●天井を剥がす‥約40~90万円
●天井を剥がさない‥約15~50万円
この金額が目安の相場になっています。
リフォームをする前に、天井を剥がす必要があるのかどうかを確認しましょう。
2.施工別の費用相場
上記で2つの施工方法をお伝えしましたが、工法を度落ちらにするかによっても費用は変わります。
敷込み工法の場合は、比較的費用を安く抑えることができるのですが
隙間が生じてしまったら上手く効果を発揮することができません。
吹込み工法の場合は、専門業者にしか施工することができないため費用は高くなってしまうのですが
施工面で融通がききやすいというメリットがあります。
どちらの工法がいいのかは小屋裏の状態によっても異なるので、業者と相談して決めましょう。
3.断熱材の特徴と価格
断熱材は繊維系・発砲プラスチック系の2種類があります。
主に天井断熱の施工に使用されるのは繊維系で
発砲プラスチック系は床断熱の際によく使用されています。
繊維系は発砲プラスチック系と比べると安いため
天井断熱は住まいの断熱リフォームの中でも低コストで抑えられることができます。
天井断熱に使用される断熱材の種類ですが
●グラスウール
●ロックウール
●セルロースファイバー
グラスウールはガラス繊維でできている断熱材で
【法定不燃材としての指定を受けている】
【湿気を吸い込まないため重みが増さない】
などの理由から天井断熱に向いていて価格も安いことからよく採用されています。
このグラスウールと性能・価格が近い断熱材がロックウールです。
この2つはほとんど同じなことから天井断熱ではどちらかで施工されていることが多いでしょう。
ロックウールは、鉱物からつくられる石綿の一つでグラスウールよりも少しだけ防火性に優れています。
セルロースファイバーは天然繊維でできた断熱材で
グラスウール・ロックウールと比べると価格は少し高くなっています。
性能にはあまり変わりないのですが、新聞紙をリサイクルして使用しているため環境に優しいです。
今回は天井断熱についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
住まいの断熱の中でも安く施工できるので、検討してみてください('ω')ノ
費用や施工内容は業者によって大きく異なります。
そのため複数の業者から見積もりを取り、安心して任せられる業者を選ぶようにしましょう。



住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552