オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コンクリート壁の劣化症状と塗装時期とは?


コンクリート壁
鉄筋コンクリート造の住宅は、コンクリートの地肌そのものを仕上げとして活かした
”コンクリート打ち放し外壁”を採用されている住宅が多いです。
鉄筋コンクリート造住宅にお住まいの方の中には
外壁の水染み・汚れ・カビなどが気になっているという方が多いのではないでしょうか(;´Д`)
丈夫なコンクリート外壁でも、劣化しているのをそのまま放置していると
雨水が浸入してしまったりするため、定期的なメンテナンスは非常に重要となります。
今回はコンクリート壁の劣化症状と塗装時期についてお伝えしたいと思います。
コンクリート壁によく見られる劣化症状は
●ヒビ割れ(クラック)が生じている
●欠損や鉄筋が露出している
●水染みの跡がある
●カビ・コケ・藻が発生している部分がある
●塗膜に膨れや剥がれがある
●内部の鉄筋がサビる「爆裂現象」が生じている
これらは塗料の耐久性や施工上の問題だけでなく凍害・漏水・紫外線・地震などの影響を受けても発生します。
そしてこれらの現象を放置してしまうと、大掛かりな改修工事が必要となるため
定期的な点検やメンテナンスが欠かせないのです!!
目安としては10年として、10年おきに点検するように心がけてください('ω')ノ
また、コンクリートが爆裂を起こしている場合には
「繊維強化塗料」などを塗装することで、コンクリートの剥離や落下を防止することができます。
部分的に補修することも可能なので、なるべく早く対処するようにしましょう!!
今回はコンクリート壁の劣化症状と塗装タイミングについてお伝えしました。
水染みや汚れが気になっているという方は一度点検を受けてみることをオススメします。
大掛かりな工事が必要となる前に、定期的にメンテナンスをして
キレイなコンクリート壁を維持しましょう(*'ω'*)
次回はコンクリート壁に使用する塗料の機能と種類を紹介します。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552