オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

アルミサッシの塗装は剥がれやすい?その原因とは‥


アルミサッシの塗装については以前紹介しその中で
アルミサッシに塗装をしても剥がれやすいとお伝えしました。
アルミのような非鉄金属は塗装を施そうとしても
上手く塗装することができなかったり、すぐに剥がれてしまう問題が発生します。
今回はなぜ剥がれやすいのか、その原因について今回はお伝えしたいと思います(^^)
窓アルミサッシ
アルミサッシ塗装の剥がれにお悩みの方は、まず剥がれとなる原因を知らなければなりません!!
原因とされるものは主に3つあり、それぞれ詳しくお伝えします。

1.汚れ・サビが残っている
アルミを塗装する場合、何もせずにそのままの状態で塗料を塗ってはいけません。
新しアルミ素材以外はホコリ・汚れが付着しています。
お住いの窓のアルミサッシには特に汚れ・サビがついていることでしょう。
塗装する表面に異物が付着していると、専用塗料を塗ったとしても定着しにくくなってしまいます。
塗装をする際はまずはじめに必ずキレイに掃除をしなければなりません!!
もともと塗られていた塗料についても、キレイに削り落とす必要があります。
2.下地処理ができていない
下地処理とは塗装する前の下準備のことを指します。
アルミ塗装を行う際は、塗料が定着するように必ず下地処理をしなければなりません。
表面に軽くキズを付ける方法が一般的に用いられています。
アルミ表面に細かなキズを付け凸凹ができることで、塗料の密着度が高くなります。
ツルツルした表面よりもザラザラした表面の方が剥がれにくくなります。
3.下塗りをしていない
一般的にアルミに塗装を行う場合は、剥がれにくくするため下塗り用塗料で下塗りをします。
下塗り用塗料にはプライマーとも呼ばれていて液体とスプレータイプがあります。
最近ではDIYを行う方が増えてきて、初心者でも扱いやすい下塗り塗料が多く登場しています。
手間はかかってしまいますが、この手間を加えることで剥がれにくくなります。
最近はDIYでなんでもチャレンジする方が増えてきています。
アルミサッシのリフォームを考える場合
サッシを取り外して丸ごと新しいものに交換するよりも、塗装した方が安く済みます。
そのことからアルミサッシを自分で塗装する方が増えているんです。
しかしアルミサッシのDIY塗装は、丁寧に塗装したとしてもきちんとした工程を踏まなければ
爪で引っ掻いただけでもすぐに剥がれてきてしまいます(;´Д`)
DIYで塗装をしようとしている方はこのようなことに注意しなければなりません。

アルミサッシの塗装の剥がれ原因についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
適切な下地処理を行えばそう簡単に剥がれることはないでしょう(; ・`д・´)
しかし経年劣化は防ぐことはできないので、一般的な塗料での塗装は難しいです。
何度塗り直してもすぐに剥がれてきたり、自分ではキレイにすることができないという方は
一度業者に相談してみてください。
そして適した方法・塗料でお悩みを解決してもらいましょう♪♪


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552