オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

リシン仕上げの外壁についての基礎知識


リシン仕上げ
あなたのお住いの外壁は、どのような仕上げ材が採用されていますか?
いきなりこのような質問をされてもわからない‥という方が多いのではないでしょうか。
仕上げ材とは、外壁に模様を付けるために使用され様々な種類があります。
そして仕上げ材によっては、メンテナンス方法が異なってくるのです('ω')ノ
外壁に触れてみて感触がザラザラしていれば「リシン」という仕上げ材が採用されているかもしれません。
今回はリシン仕上げの外壁に付いても基礎知識をお伝えしたいと思います。
リシンとは、モルタル外壁の仕上げ材として用いられている表面化粧材のことを指します。
骨材である細かく砕いた石や砂に、樹脂・セメント・着色剤を混ぜたものを吹き付けて施工するので
表面がザラザラと下感触になります(; ・`д・´)
比較的安価な仕上げ材のため新築住宅に多く採用されていて歴史も古いです。
現在のアクリル樹脂素材が確立された1960年~1980年代にかけて
最も一般的なモルタル下地仕上げ材として日本に広まりました。
リシン仕上げ
リシンによって施工された外壁は、混ぜ込まれた細かい骨材によって落ち着いた外観にすることができ
和風住宅などに相性抜群といわれています。
耐用年数‥およそ8年程度
スタッコ仕上げ
スタッコ仕上げは、合成樹脂エマルションなどにセメントや骨材とされる大理石や砂などを混ぜた原料を
コテやローラー、または吹き付けによって施工した仕上げ方法を指します。
リシン仕上げと比べると厚く塗装されているため立体感のある外観にすることができます。
耐用年数‥およそ10年程度
吹き付けタイル仕上げ
けい砂・寒水石・軽量骨材などの原料と樹脂を混ぜ合わせて、タイルガンと呼ばれる塗装機で吹き付けたものです。
また吹き付けた後にローラーで表面を押さえる押さえ仕上げという施工方法もあります。
耐用年数‥使用される樹脂によって異なる
メリット
●他の外壁仕上げ材と比べると価格が安い
●透湿性・通気性が高いので壁に含まれる湿気を排出することができるので木材の劣化を防げる
●ツヤを抑えた落ち着きのある仕上がりになる
デメリット
●凸凹が多いので隙間にホコリなどが溜まるため汚れやすい
●下地となるモルタルの収縮に追従できないのでヒビ割れしやすい
●吹き付けリシン仕上げの場合は塗膜が更に薄いのでヒビ割れしやすい
●防水性が低い
●安価なアクリル樹脂が使用されることが多いので耐久性は高くなく耐用年数は7~8年程度

リシンは施工しやすく美観や通気性に優れているのですが
安価なためデメリットも少なくありません。
しかし近年では弾力性があり、リシンの弱点でもあるヒビ割れの追従性を高め
ヒビ割れしにくく防カビ・防藻性にも優れた弾性リシンが登場しています。
リシン仕上げを検討されている方は、弾性リシンを採用されるといいでしょう。
また汚れに強い低汚染型のリシンもあるので汚れやすい箇所に塗装する場合は
低汚染型で塗装することができないかどうかを業者に聞いてみてください。
今回はリシン仕上げ外壁についての基礎知識を紹介しましたが、いかがでしたか?
以前は最も仕上げ材として採用されていましたが
最近はサイディングの外壁が圧倒的に多いため、リシン仕上げの住宅をあまり見かけなくなりました(;´Д`)
そしてリシンは表面がザラザラしているので、チョーキング現象を起こしていてもわかりにくいです。
そのためヒビ割れや汚れが目立つようになってきたら、一度業者に点検を依頼しましょう!!


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552