オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装の養生と注意点について


「養生」と聞いても何のことかわからずピンとくる方は少ないのではないでしょうか。
養生という言葉は”日々の生活に配慮して健康を増進させる”という意味を持つ言葉として使用されます。
また引越しの際の運搬作業で壁を傷つけないようにシートとクッションゴムで守ることも養生です。
では外壁塗装における養生とは、どのような意味があるのでしょうか。
今回は外壁塗装の養生と注意点についてお伝えしたいと思います('ω')ノ

養生
外壁塗装や建築用語での「養生」とは
工事現場で建物の保護を目的とした作業工程のことを指します。
住宅やビルなどの建物に、ビニールシート・メッシュシートで覆うことで建物を守ります。
工事が完了して最後に養生を全て取り払って完成となることが多いです(^^)
外壁塗装における養生は、塗料から建物の塗装しない部分を守る役割を担っています!!
塗料が飛散したり、はみ出したりしてしまわないように
養生は塗料の飛散などから住まいを守る役割があり、外壁塗装を行う上で欠かせないものです。
そんな養生にはいくつかの注意点があるのでお伝えしたいと思います。
1.夏場は換気することができない
基本的に養生は窓や扉を閉め切った状態で行うため、換気することができません。
息苦しさを感じてしまうという方は、事前に業者に相談しておくようにしましょう。
2.植物に養生する
移動させることができない植物にも塗料が付着しないように養生するのが基本になります。
しかし長時間養生された植物は枯れてしまう可能性が高くなってしまいます。
3.粘着力の強すぎるものは使用しない
業者に依頼する際はあまり関係ないのですが、自分で養生を行う際はテープの粘着力に注意しましょう。
粘着が強すぎると壁や窓をキズ付けたり、接着剤が残ってしまう可能性があります。
粘着力が弱いマスキングテープなので養生するのがオススメです。
今回は塗装工事に欠かすことのできない養生について注意点などをお伝えしました。
もしも養生を省いて施工する業者の場合、悪徳業者の可能性があるので注意しましょう( ゚Д゚)
養生は壁だけでなく窓・扉・サッシ・植物など様々な場所に施されます。
少しの隙間からでも塗料が入り込むことがあるので、きちんと養生してくれる業者を選びましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552