オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

中古住宅のリフォーム・リノベーションはココに注意!!


木造住宅
新築住宅と比べると物件数が多く価格帯の幅も広いのが中古住宅です('ω')ノ
リーズナブルな価格の中古住宅を購入して、リフォームやリノベーションを検討される方も多くなりました。
戸建て住宅の場合は増改築の自由度が高いため自分の好みの住まい造りをすることが可能です。
また、リフォーム済みとして販売されている中古住宅の中には新築のようなものまであります。
今回は中古住宅のリフォーム・リノベーションで注意する点についてお伝えします。
中古住宅を購入する場合
●購入後にリフォーム・リノベーションをする
●リフォーム・リノベーション済みの中古住宅を購入する
この2つの選択肢があります。
ただしいずれの場合も、長年にわたって安全で快適に暮らせる住まいの条件として
「耐震性」と「断熱性」が重要となってきます!!
例えば中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションを行う場合
まずはじめに大切なのが、耐震性能と断熱性能の見極めになります。
耐震性・断熱性が大きく損なわれてしまっていると、耐震補強と断熱工事に高額な費用がかかってしまいます。
この2つのポイントをしっかりと押さえて安全で快適な住まいを手に入れましょう(^^)
先ほどもお伝えしましたが、耐震補強と断熱工事は高額になってしまいがちです。
中古住宅を購入する際はこれらの機能が損なわれていないかをチェックすることが大切になります。
どこをチェックするべきなのかをまとめました。

耐震性のチェックポイント
耐震性のポイントになるのが、1981年の新耐震基準以降に建てられたかどうかです。
しかし1981年以前でもしっかりと耐震補強されている建物もあったり
1981年以降の建物でもメンテナンス状態が悪いと腐食・シロアリの被害によって
構造や土台が劣化して耐震性が落ちていることがあります。
耐震性を見極めるには屋根・外壁・柱・梁などの構造部分、床下、壁の内側の筋交いのチェックが必要です。
断熱性のチェックポイント
断熱性の大きなポイントになることは1999年に施工された次世代省エネ基準です。
これ以前の建物は十分な断熱がされていない可能性が高くなっています。
中古住宅の断熱性を見極めるには屋根裏・壁の内部・床下に断熱材が入っているかどうかや
窓の構造などをチェックするようにしましょう。

以上のことが「耐震性」と「断熱性」は安全で快適な住まいの条件として重要なチェックポイントです。
見えない部分が多いので中古住宅の購入については、住宅のリフォームに詳しい業者に相談して
住宅診断を受けることをオススメします(^^)
築年数が経っていても内装・設備を新しくして新築同様に見える中古住宅もあります。
このような中古住宅は、購入後すぐに住むことができるので
リフォーム工事を行う手間がいりません(*‘∀‘)♪♪
しかし耐震補強・断熱については
壁の内部や床下に施されることが多いため見た目だけではわからないです。
そのため安心して購入できる中古住宅かどうかは住宅診断を行ってから購入するようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552