オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

夏に室内が暑くなってしまう理由とは?


陽だまり
夏になるとどうしても室内が暑くなってしまいます(;´Д`)
室内が暑くなる理由‥それは外の気温のせいだけではなく
住まいの造りによって、室内が暑くなってしまうことがあるんです!!
今回は夏に室内が暑くなってしまう原因・暑さ対策に有効な屋根の遮熱方法についてお伝えしたいと思います。
ここ日本の夏は世界の中でも湿度が高く、ジメジメした不快な暑さになります。
地球温暖化からか、最高気温も年々上昇していて昔と比べると
”過ごしづらくなったなぁ”と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どうして室内が暑くなるのだろう‥その原因の1つは室内の風通しにあります!!
風通しが悪いと熱気がこもりやすくなるだけでなく、体温温度も上昇します。
同じ温度であっても風があるのとないのとでは体温温度は2~3℃も違うとされています。
そしてもう1つの原因としては、屋根から伝わる熱が挙げられます。
真夏の暑い日の瓦は触れることができないほど熱くなってしまいます( ゚Д゚)
その屋根が吸収した熱が次第に室内へと伝わっていき、室温を高めてしまうのです。
室内温度が高くなりやすい住まいにはいくつかの特徴があります。
屋根の色・屋根材が黒いと太陽の熱を集めてしまうため、室内温度は高くなってしまうでしょう。
またリビングや階段が吹き抜け構造になっている住まいも暑くなってしまいます。
その理由は吹き抜け構造にしてしまうと天井が高くなってしまうため
室内の温度を一定に保つことが難しく、部屋全体を涼しくするためには
より多くの時間とエネルギーが必要になってしまいます‥。
1.屋根の上・屋根裏に遮熱シートを敷く
遮熱シートを屋根材の下に敷くことで遮熱効果を得ることができます。
自分で作業することは難しいので業者に依頼するようにしましょう。
2.屋根材を変える
屋根材を変えることで遮熱効果を高めることができるでしょう。
日本瓦は黒系の色が多く熱を吸収してしまう傾向があるので、日本瓦ではなく洋瓦に変えることで
屋根材の熱吸収率を下げることができます。
また金属屋根の一部には、遮熱機能を備えた遮熱機能搭載屋根材というものも登場しています。
思い切って屋根材を変えることも検討してみてはいかがでしょう。
3.屋根を遮熱塗料で塗装する
屋根用の塗料は日々進化していて、現在では遮熱に効果的な成分を含んでいる塗料があります。
屋根を塗り替えるだけでも効果的に屋根の遮熱を行うことができます。
夏に室内が暑くなってしまう理由についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
室内温度が下がることで、一番嬉しいことは空調などの光熱費でしょう(*‘∀‘)
エアコンの光熱費は1℃下がれば10%軽減することができるとされていて
遮熱塗料で室内の温度を下げることができれば塗装の塗り替えによるコストメリットは大きくなります。
毎年夏の暑さに悩まされているという方は一度遮熱塗料での塗り替えを検討されてみてはいかがでしょう♪♪


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552