オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

窓の外側の遮熱対策!どのような方法があるの?


すだれ
遮熱の効果を十分に得るためには、室内だけでなく室外にも対策を施す必要があります。
以前お伝えした窓の遮熱対策はもちろん大切なのですが、そもそも放射熱を室内に入れないことが重要になります!!
今回は窓の外側に行う遮熱対策について紹介したいと思います('ω')ノ
前回の窓に施す遮熱対策と併せてご覧ください。
1.日よけ
窓に庇があるかないかで室内への日差しが大きく変わってきます。
庇がない・あるけれど小さいなどの場合は、不要な際はしまうことのできる
オーニングやタープの設置を検討されてみてはいかがでしょうか。
工事することなく設置できるものも登場しています。
他にもよしずやすだれを窓の外側に掛けるだけでも日射熱を軽減することができるでしょう。
2.外付けブラインド
室内ブラインドでも日射の侵入を防ぐことができるのですが
夏の日差しを浴びているうちにブラインド自体の温度が高くなり、室内の温度が高くなってしまいます。
しかし外付けブラインドなら、日差しを窓の外で遮ることができるので
ブラインドの温度が高くなっても室内に影響は出ません。
また、レースカーテンと比べても冷房効率が高くなるとされています。
3.打ち水
打ち水とは、玄関先・庭先に水を撒いて涼を得るという昔から行われている日本の風習です。
打ち水を行うと水が蒸発して地面の熱を奪って涼しくしてくれます。
マンションなどの集合住宅ではベランダに打ち水を行うと大いに効果があります!!
麻の早い時間に打ち水をすると効果が持続します。
家の中にいても熱中症で毎年何人もの方が病院に運ばれています。
暑い夏を乗りきるには、住まいの遮熱対策が大切になります(; ・`д・´)!!
少しでもこの記事をご覧になり役に立てれば嬉しく思います。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552