オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

住まいを長持ちさせるために大切なことについて。


カーテン
いつまでも快適に暮らすために住まいは大切にしたいものですよね(^^)
住まいを大切にするためには掃除はもちろんのこと
適切なメンテナンスも欠かせません!!
内装にばかり目がいってしまいがちですが、実は外装が重要なポイントになるんです。
外装とは屋根・外壁などのことを指しますが必要な補修をしっかりと行うかどうかで
快適に暮らせるかや住まいの寿命が決まってきます。
外装にダメージがあると雨水が浸入してしまい柱・梁が腐食してしまって
建物にとって深刻な事態になってしまうことになってしまうのです‥。
以上のことからわかるように外装を健康な状態で維持することは、建物を長持ちさせることに繋がります。
●塗装の膨れ・剥がれ(塗膜の劣化)
塗料が乾くと表面に膜が形成され、これが塗膜と呼ばれるものです。
屋根や外壁は塗装をすることで塗膜によって雨水から守られます。
その塗膜は雨・風・紫外線に晒され続けることで劣化してしまい、膨れや剥がれはそのサインです!!
サインが現れはじめたら劣化した塗膜を剥がして塗り替え工事を行います。
塗膜を劣化したまま放置してしまっていると、下地まで傷んでしまい雨漏りを引き起こしてしまうことも‥。
雨漏りを引き起こしてしまうと大掛かりな工事になって費用も高額になります。
●シーリングの劣化
シーリングとは屋根材の継ぎ目・外壁のサイディングなどの継ぎ目・サッシまわりの防水加工のことです。
シーリング剤によって目地や隙間が埋められているのですが
経年による劣化でヒビ割れて隙間が発生し、この隙間から雨水が浸入してしまいます。
シーリングの補修には既存のシーリング剤の上から充填する「打ち増し工法」と
古いシーリング剤を全て除去して新しくシーリングし直す「打ち替え工法」があります。
●ヒビ割れ(クラック)
ヒビ割れは建物のどのような部分でも発生する可能性があり、ヒビ割れの大きさ・深さも様々です。
塗膜のみの浅いものであればメンテナンスの必要がない・塗り替えのみで済みます。
しかしヒビ割れが内側のモルタル層や下地にまで及んでしまっていると、防水性能に影響します。
この場合はヒビ割れの深さによってシーリング剤や樹脂を注入する工事が必要になります。
外装のトラブルは、小さなものであっても放置してしまうと雨漏り・内部構造の腐食に繋がってしまいます。
大きな工事になる前に発見して、早めの対処を行うようにしましょう。
そのためには定期的にチェックを行うことが大切です(; ・`д・´)
屋根材・外壁材は種類によって耐久性や耐用年数が異なります。
大切な住まいには丈夫で長持ちするものを選び、快適に暮らせるようにしましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552