オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天井に空いてしまった穴!放置せずに早めに修理しよう。


天井の穴
天井に開いてしまった穴は早く修理して、快適な住まいにしたいものです。
天井に開いた穴を放置することは決して「大丈夫」とは言い切れません( ゚Д゚)
何かトラブルに繋がってしまう前に早めに修理を行うようにしましょう。
今回は天井に開いてしまった穴についてお伝えしたいと思います。
天井に穴が開く理由は様々あると思いますが、放置していても直ることはありません。
そのため、早めに修理するようにしましょう!!
マンションなどの天井は石膏ボードで作られていることが多く
硬いものをぶつけてしまったりすると簡単に穴が開いてしまうでしょう。
天井に穴が開いてしまうと、天井板や壁紙を支える力のバランスが崩れてしまって
ドンドンと穴が大きくなっていくことに繋がってしまいます。
また、雨漏りが原因で天井に穴が開いてしまうこともあります。
屋根瓦の割れ・ズレ、屋根材の劣化、雨樋の詰まりなど雨水はわずかな隙間からでも浸入してきます!!
雨漏りが発生している場合放置していると腐食や劣化が進行して、穴が広がってしまいます。
その他にも雨漏りに伴う天井部分の穴の発生には、いくつかの原因が挙げられます。
1つは湿気によるカビが穴の原因となること。
カビは高温多湿の環境を好み木材・塗料・接着剤などで繁殖しながら天井の素材を劣化させます。
カビと同じ木材を腐らせてしまう菌も穴の開く原因となってしまいます。
木材腐朽菌は高温多湿で発生しやすく、天井の劣化を早めます。
シロアリも穴の発生の1つでしょう。
シロアリは雨漏りなどで腐食し始めた木材を好み、天井だけでなく構造部分までに被害をもたらしてしまいます。
天井に開いてしまった穴をそのままにしてしまっていると見た目が悪くなってしまいます。
日常気にすることがなくても、来客があった際のことを考えると‥。
穴の放置は汚れも付きやすく、劣化も早まります。
断熱効果も弱くなり冷暖房効率も低下して無駄な電気代を支払うことに繋がるでしょう。
今回は天井に開いてしまった穴についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
稀にネズミが原因で穴が開くということもあるので
天井裏にネズミが住み着いているかどうかを物音・かじり音・糞尿のサインがないかどうかを確認しましょう。
穴が開いてしまっているのを放置してしまっているという方は
この記事をきっかけに修理してキレイな天井にしましょう(*´ω`*)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552