オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

壁が腐食する原因って何?


引き戸
住まいの壁が腐食してしまうことがありますが、ナゼ腐食してしまうのでしょうか。
壁が腐食する原因を知って、腐食しないように防がなければなりません(;´Д`)
今回は原因と防ぐにはどうすればいいのかについてお伝えしたいと思います。
壁の腐食‥結露が原因かも!?
住まいの壁は様々な理由によって腐食を起こしてしまいますが
その中でも1番多い原因が水分によるもの、つまり結露や雨漏りを原因とする腐食です。
空気は暖かければ暖かいほど水分を多く含むことができる特性があり
逆に空気の温度が下がってしまうと保持できる水分の量が低くなってしまいます。
そのため暖かく湿った空気が冷たいものに触れて冷やされてしまうと
空気中に保持できる水分量が一気に少なくなってしまい
保持できなくなってしまった水分は空気中から放出され液体として集まります。
これが結露が発生する仕組みなのです!!
結露は空気の温度より外壁などの温度が低い場合に起こるため
壁内部に湿った空気が溜まっていると壁の内部に結露が発生してしまい
壁内部の構造物が結露で濡らされてしまいます。
このような壁内部に発生する結露は「内部結露」と呼ばれ、壁の腐食する最大の原因だと考えられています。
腐食している状態をそのまま放置してしまっていると、どんどん腐食範囲が広がって
最悪の場合建物を支えている柱まで腐食が進んでしまうことがあります。
こうなってしまうと建物の重量を支えることができなくなってしまうため
屋根が凹む・建物が傾くなどの症状が起こるでしょう。
また、腐食してしまった壁材にはカビが繁殖しやすくなってしまうので
カビの胞子によって健康に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。
他にも腐食した木材が大好物なシロアリが寄ってくることも考えられます。
表面結露の対処法とは?
窓や壁の表面に結露が発生することを「表面結露」といいます。
結露は基本的に空気が急激に冷やされることで発生するため
窓・壁・室内との温度差が少なければ発生しません。
窓ガラスを断熱性の高いペアガラスに交換したり、壁に断熱材を追加で入れたりすれば
表面結露の発生をある程度抑えることができるでしょう。
また、温度を冷やされた空気の温度でも結露しない量まで下げるのも効果的です。
換気・除湿を小まめに行って結露を防ぎましょう。
内部結露の対処法とは?
内部結露の発生する仕組みについても表面結露と同じです。
ただ温度変化については壁内部の温度変化を妨げるのは難しいため
壁内部の断熱材の表面に防湿フィルムを施工して、壁内部に湿気が浸入しないようにしたり
空気が内部に入りにくい断熱材を用いたりする方法が一般的です。
また、壁内部の空間については構造上通気性が悪く、湿気が浸入してしまうと排出されにくいため
通気口などを用いて空気の流れを作り、湿度が高くなりすぎないようにします。

今回は壁が腐食する原因についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
壁の腐食は放置せずに発見したらすぐに業者に修理してもらいましょう。
放置していると大変なことになってしまいますよ‥(;´Д`)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552