オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁が剥がれる症状の原因ってなに?


外壁チェック
外壁の塗装は住宅の持ちを良くするために重要な役割を担っています。
しかし厳しい環境に常に晒され続けているため、ヒビ割れや剥がれなどの症状が現れます。
今回お伝えすることは、外壁の剥がれの原因についてです(*´ω`*)
いつまでもキレイな住まいであるためにこの記事をご覧になった後、一度外壁を確認してみてください。
外壁の塗装が剥がれる一番の理由‥それは経年劣化!!
外壁塗装とは、住宅の壁に塗料を塗布することを指しますが、目的は防水です。
雨水が外壁を通して染み込んでいき、外壁や躯体を傷めてしまわないためにも塗装する必要があるのです。
外壁の塗装は、地震などの自然災害が原因となり剥がれ落ちたりヒビ割れしたりすることもあります。
大きな災害がなくても雨や紫外線に晒され続けている外壁は
新築でも7年、最後の塗装から約10年以内には剥がれやヒビ割れなどの症状が現れるとされています。
このようなことから住宅の一番外側を守ってくれている外壁塗装には
定期的なメンテナンスが必要となってくるのです(*´ω`*)
外壁塗装が劣化していることが目でわかる症状として挙げられることは
「クラック」と呼ばれる小さなヒビ割れです。
このクラックから少しずつ雨水が壁の内部へと浸入していきます。
しかし、このクラックが起こる前でも外壁が劣化していることがあるんです( ゚Д゚)
目ではわかりませんが、歪んだりたわんだりして薄くなった塗装部分には雨水が付着しやすくなり
この部分の水分は蒸発しにくいため、塗装の劣化が進行しやすくなっています。
その他の劣化症状としては、チョーキング現象があります。
外壁を指で触れるとチョークの粉のようなものが付着する現象のことを言います。
塗装された塗料が劣化し始めるとこのチョーキング現象が起こります。
あまり色の変化がなかったとしてもチョーキング現象が起こったらメンテナンスを行いましょう。
大した劣化症状がなくても、外壁から雨水が浸入することで影響が出ていることもあります‥。
放置してしまうと雨漏りの原因となり、大掛かりな補修工事が必要となってきます!!
できるだけ小まめに点検をし補修を行うことで住宅を長持ちさせることができるでしょう。
今回は外壁塗装の剥がれる原因についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
私たちを守ってくれている屋根や外壁は、日々ダメージを受けています。
「まだ大丈夫」と後回しにするのではなく、早めに点検をして
必要であれば補修を行うようにしてください。
早く対処することで補修にかかる費用を抑えることができます('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552