オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りは古い家で起こる!?それはナゼ。


古い家
施工不良でもない限り、雨漏りの多くは築年数が古い住宅で起こります。
その理由は何だと思われますか?
そもそもナゼ雨漏りは起こるのでしょうか?
雨漏りが起こる大きな原因‥それはルーフィング(防水シート)の老朽化にあります。
今回は雨漏りはナゼ古い住宅で起こるのかについてお伝えしたいと思います(*´ω`*)
雨漏りの発生を知る上で重要となるのは、ルーフィングです。
このルーフィングは、瓦やスレートなどの屋根材の下に敷かれています。
そして雨を防いでくれているのは屋根材だと思われがちですが
実は、屋根材ではなくルーフィングが防いでくれているのです。
そのためこのルーフィングは、完全にピッタリと屋根を覆っていなければならないのです(; ・`д・´)!!
しかしここで問題となるのが、ルーフィングはホッチキスで固定するものがほとんどだということ‥。
ナゼこのホッチキスで固定することが問題視されるのかというと
固定する際にルーフィングに穴が開いてしまうからです。
そのままだとその隙間から雨水が浸入してしまいます。
ですが、ルーフィングには本来対流動性・付着性・追従性があります。
簡単にお伝えするとホッチキスにまとわりつく力!!
この力によってルーフィングは自分自身でその穴を防いでいるのです。
雨漏りの原因は本当に様々です。
そのためもちろんすべてのことがルーフィングが原因で起こるとは言い切れませんが
防水という面では非常に重要なものであるため、ルーフィングの防水性がなくなってしまったら
やはり雨漏りを起こしてしまう原因と言えるでしょう。
ルーフィングの防水性がなくなってしまう時期というのは
上記でお伝えした「まとわりつく力」を失っってしまった時です。
この力を失う多くは経年劣化によるものです。
ルーフィングにも寿命があり、約20年頃から次第に力がなくなってきます(T_T)
力がなくなってしまうと柔軟性を失い、隙間を埋めることができなくなってしまいます。
また、固定している釘などが錆びその力で隙間が広がってしまい雨漏りを起こしてしまうこともあります。
放置してしまっていると重大な事態に繋がってしまうので、寿命が来る前にルーフィングの交換を行いましょう!!
ルーフィングの中には、ホッチキスを使用しないものもあり
このようなルーフィングは、本体に粘着層があるのでホッチキスは不要となります。
そのため更に高い防水性能を期待することができるでしょう。

今回は雨漏りはナゼ古い住宅で起こるのかについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
住宅の古さに問題があるのではなく、ルーフィングの劣化が原因となっていることが多くあります。
もちろん古い住宅の場合、耐久性が悪くそのことが原因となることもあります(;´Д`)
そのため一概にすべてがルーフィングだとは言えません。
しかし築20年を超えたあたりから雨漏りが起こるという場合は
まずルーフィングの劣化を疑ってみるようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552