オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根のカバー工法‥押さえておくポイントとは?


ポイント
近年の屋根材は非常に軽くなりました(*´ω`*)
それに伴い、カバー工法での屋根の修理を選択される方が増えてきています。
カバー工法とは重ね葺きと呼ばれる工法で、既存の屋根を剥がさずにその上から新しい屋根材を重ねる工法です。
以前は屋根が重たくなるということから、耐震性に不安を感じて選択されなかったのですが
このような心配が少なくなったので施工件数がグンと増えたのです!!
今回はカバー工法で押さえておくポイントをお伝えしたいと思います。
複数の業者から見積もりを取ると、業者によって適切とされる施工方法が違ったり
1社からの見積もりであっても何パターンかの提案をされることもあります。
このような場合、何を基準にして決めればいいのか迷われてしまいますよね(;´Д`)
特にスレート屋根の場合はアスベスト問題があるので
アスベストの考え方によっても業者それぞれなため、余計に迷われてしまうでしょう。
迷われることがないように押さえておきたいポイントは以下の3点です!!

1.アスベストを含んでいるか
アスベストを含んでいる屋根は、カバー工法で飛散を防ぐというのも一つの手段です。
しかし当然アスベストを含んだ屋根材はそのまま残ってしまいます。
害があるとされるものをいつまでも残しておくのが不安だという方は
カバー工法ではなく葺き替えをオススメします。
どちらにしても築20~25年を目安として、カバー工法・葺き替えを検討するようにしましょう。
アスベストは表面のコーティングが劣化してしまうと周囲に飛散してしまう可能性があります。
2.躯体の耐震構造の状態
耐震基準が見直された1981年以前の建物は、耐震性が弱いものがあります。
遡ると1971年にも耐震基準の見直しが行われています。
そのためこの以前の建物は特に注意が必要となります。
3.雨漏りが起こっていないか
カバー工法の場合は屋根裏の状態を調査したり修繕したりすることができません。
雨漏りが起こっている場合、被害は屋根裏に達していることがほとんどです。
そのまま修繕をすることなく新しい屋根材を重ねてしまうと
見えないところで建物の劣化はどんどん進行してしまうでしょう。
カバー工法の方が費用が安いという理由で選択してしまうと
後々大規模な修繕が必要となり高額な費用がかかる可能性があります。
屋根裏に雨漏りの被害・危険性が潜んでいないかを確認してから選択するようにしましょう。
屋根の状態は素人からはわからないことが多いです( ゚Д゚)
そのため、悪徳業者に騙されたという被害も後を絶ちません。
他の業者の見積もりよりも安いから‥と理由で決定してしまうと被害に遭われるかもしれません。
このようなことにならないためにも業者選びは慎重に行いましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552