オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

マンションのトイレをリフォームする際の注意点


マンション
マンションのトイレリフォームでは便器の選び方、排水のついて注意が必要となります。
戸建て住宅と違て、マンションは建物によって排水方式が違っているのがその理由です。
トイレリフォームの際に押さえるべきマンションならではの注意点について
今回はお伝えしたいと思います(*´ω`*)
トイレリフォームを検討されている方は是非参考にしてみてください。
通常トイレの排水は「床排水」と「壁排水」の2種類があります。
マンションは「床排水」が主なのですが、中には「壁排水」を採用しているマンションもあります。
便器の後ろから壁との間に太い排水管がある場合は、壁排水タイプです。
便器を新しくする際は現在使用している便器と同じ排水方式のタイプを選ぶ必要があるので確認しましょう。

●「床排水」タイプ
1995年以降の物件はこの距離が200mmに固定されたタイプが多く採用されています。
その以前のタイプは様々な距離の便器が存在するため
交換できる便器にも制限があるので確認が必要となってきます。
●「壁排水」タイプ
壁に接続された排水管を通って水が流れます。
便器の奥から壁へ向かって排水管が接続されているため排水管は見て確認することができるでしょう。
壁排水タイプは、床排水タイプと比べて便器の奥から壁の排水管までの距離が決まっている寸法の便器が多く
120mm・148mm・155mmがほとんどの排水芯の寸法になっています。
交換の際は同じタイプの中から選ぶようにしましょう。
少し前までは集合住宅という性質上から、吸水圧力が低いマンションでは
タンクレスタイプのトイレは設置することができないケースが多かったです。
しかし、排水の加圧装置などを用いて水圧を補うことで
マンションでもタンクレスタイプのトイレを設置することができるようになりました(^^)
タンクレスタイプのトイレを希望する場合は
マンションや低水圧でも設置することができるタイプのものを選びようにしましょう。
マンションのトイレをリフォームする際の注意点をお伝えしましたが、いかがでしたか?
マンションのトイレのリフォームを検討されている方は
この記事を参考にしてみてください。
この記事の他にもトイレリフォームに関する記事がいくつかあるので
そちらも是非ご覧ください('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552