オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りは見えないところで進行している‥( ゚Д゚)


雨漏り
雨漏りと聞くとまず屋根をイメージされる方が多いと思うのですが
実は屋根からの雨漏りよりも外壁からの雨漏りの方が多いというのをご存知でしょうか(;´Д`)
そしてそのほとんどが、メンテナンスの外壁塗装などをきちんとしておけば防げた雨漏りなのです。
今回は見えないところで進行する雨漏りについてお伝えしたいと思います。
雨漏りに気が付くのは、壁や天井にシミが発生したりポタポタと水が落ちてきたり‥
それはある日突然起こってしまいます( ゚Д゚)!!
しかし「シミぐらいなら‥」とすぐに直さずに放置される方が多いです。
でも少し考えてみてください。
雨漏りが室内でわかるようになっているということは
見えない部分が大変なことになっているという可能性が高いということなんです。
住宅の役割はたくさんありますが、その中でも一番の役割は
私たちを雨・風・紫外線から守るということにあります。
特に雨や湿気は、住まいそのものを傷ませる原因となる可能性があるので
なるべく屋根・外壁で受け止めて内部に侵入させないようにしたいものです。
実際、屋根や外壁は雨を浸入させない構造になっていて
防ぐために塗装を施したりしているのですが
雨漏りしているということは構造を破って侵入しているということになります。
このようなことから室内で雨漏りが確認できるのは、住まいの寿命に関わる一大事が起こっているのです!!
雨漏りが起こっているのを発見したら、早急に業者に連絡しましょう。
しかしすぐに対応してくれるとは限りません(; ・`д・´)
連絡をしてすぐに来てもらえたとしても、その日に補修や修理ができるわけでもありません。
そこで業者が来る前に確認しておきたいことをお伝えします。
①どこで雨漏りが起きているのか?
住まいの何階で・どの部屋で・どの場所で起きているのかを確認しましょう。
②どんな風に雨漏りしているのか?
水がポタポタとたれている・シミができている・カビ臭いなどの確認をしましょう。
③どのような日に雨漏りが起こるのか?
雨の量・雨が降っている時間の長さ・風の強さなどの確認をしましょう。
以上の3つの他にも、築年数やシロアリ被害など建物の状況も業者に伝えられるように確認しておきましょう。
雨漏りの箇所・原因の特定は難しいとされています。
そのため雨漏りの修理は慎重にならなければなりません(*_*)
雨漏り修理をしても再発してしまうことも多いです。
シミを発見したら放置するのではなく、すぐに業者に点検してもらうようにしましょう。
住まいの寿命を縮めてしまわないためにも早めに点検されることをオススメします!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552