オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁の防水性の低下を放置するとどうなるの?


チョーキング
外壁塗装の一番の役割は雨・風・紫外線などから住まいを守ることです。
この建物を外からの攻撃から守ることが外壁塗装の必要性なのです(; ・`д・´)
しかし、外部からの影響を長い間受け続けていることで少しづつ外壁は劣化していってしまいます。
外壁の劣化が進行してしまうと、防水性が低下してしまい住まいに深刻なダメージを与えてしまうのです。
1.防水性の低下は外壁材の劣化が次第に進行する
水分や湿気は住まいの土台となる木材・鉄骨などを蝕んでしまうため
できるだけ早い段階で水分の侵入を防ぐ対策を取らなければなりません!!
劣化が進行して防水性が低下してしまった外壁塗装を放置していると
外壁内部が腐食してしまったり、鉄部がサビたりしてしまいます。
コンクリートも水気を含んでしまうことで強度が低下してしまうでしょう。
外壁の保護機能・防水性がなくなってしまうと、内部の防水シートや断熱材にまで水の侵入が及ぶと
住まいの中にまで影響が出てきて雨漏りを起こしてしまいます。
2.防止性の低下からの劣化症状はたくさんの悪影響をもたらす
断熱性も低下してしまうため、冷房が効きにくくなり光熱費が高くなることも考えられます。
また、放置し続けていると次第に土台・骨組などにも影響が出てくるでしょう。
内部の木材が腐食してしまうことで、外壁が崩れ落ちてしまったり
住まいが傾いてしまったりする危険性も高くなります。
外壁の防水性を放置する危険性についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
防水性が低下してしまうと外壁内部に水が浸入して、内部の劣化を招きます。
そして更に放置し続けていると、建物の躯体構造を傷めて
大切な住まいが倒壊するという最悪の結果となることがあります( ゚Д゚)!!
このような事態にならないためにも、定期的に外壁の防水性を確認するようにしてください。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552