オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

傷みが激しいトタン屋根はリフォームを検討しよう。


トタン
トタン屋根が腐食して穴が開いていたり、サビが進行してトタンが薄くなっていたりすると
屋根塗装だけではどうしようもありません(;´Д`)
劣化があまりにも激しい場合は屋根塗装というメンテナンス方法ではなく
屋根自体のリフォームを検討する必要があります。
まずは、リフォーム費用を抑えて工期も短いカバー工法から検討されてみてはいかがでしょう。
今回は傷みの激しいトタン屋根のリフォームについてお伝えします。
トタン屋根ならではのリフォームとされるのがカバー工法です。
今の屋根を残したまま新しい屋根をかぶせる方法になります(*´ω`*)
現在はトタン屋根に限らず、様々な屋根材が軽量化しているので
トタン屋根とは違う屋根材を選択することも可能になっています。
●カバー工法のメリット
既存の屋根を残したまま新しい屋根をかぶせるので、屋根を解体したり廃材が出たりする心配がありません。
2004年以前に建てられた住宅の場合、アスベストを含む屋根材が使用されていることがあります。
アスベストが含まれていると解体工事も環境負荷が高い難しい工事となって
廃材処理も高額なものになってしまいます。
しかしカバー工法であればこのような心配はないです!!
また、解体などの作業もないので工期も短く済みます。
費用を抑えつつ短い工期で性能のいい屋根材にすることのできる方法になります。
●カバー工法のデメリット
カバー工法は屋根が二重になるため、重たい屋根素材は採用することはできません。
しかし先ほどもお伝えしましたが現在の屋根材は軽量なものが多いので
カバー工法が行えないのは瓦屋根と太陽光発電の設置くらいでしょう。
住まいの強度のこともあるので業者に相談するようにしてください。
そしてもうひとつ心配されていることが耐震性です。
場合によっては、極力軽い屋根材を選択しなければならないこともあります。
トタン屋根の劣化に加えて、下地の傷みが激しい場合は屋根自体の葺き替えが必要となることがあります。
葺き替えの場合、屋根を解体して下地からの施工となります。
住まいの強度にもよりますがカバー工法よりも屋根素材の選択肢は広がります(^^)
また、長期間の耐久性を求める場合は塗装やカバー工法ではなく
屋根の葺き替えを行うことをオススメします!!
トタン屋根は現在でもポピュラーな屋根素材です。
素材自体も進化して、トタン屋根のデメリットも解消され性能がアップした
質の高い金属屋根として広く採用されています。
デザイン性もグンと高くなったことで、オシャレな屋根素材の仲間にも入っています♪♪
しかし素材は金属なのでサビに弱いという特性は変わらないです(*_*)
定期的なメンテナンスは必須となります!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552