オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

内壁に自然塗料を使用する前に確認すること。


壁紙
内壁に自然塗料を使用したいと思われる方が多くなってきました('ω')ノ
自然塗料は自然素材が原料となっているので
安全性が高いだけでなくたくさんの機能性を持ち合わせているんです。
植物・鉱物・粘度が使用されていますが、代表的な原料は珪藻土になります。
珪藻土には湿気をコントロールする効果があり、珪藻土の壁在も健康住宅仕様にする際に人気があります。
今回は自然塗料を使用する前に確認しておくことをお伝えしたいと思います。
内壁に自然塗料を使用する前にカビ・汚れ・壁の種類について確認しておきましょう。
壁の種類や状況によっては仕上がりや施工方法などが異なります。
●壁の状態
内壁にカビが発生している場合、市販のカビ取り剤や中性洗剤を使用することでヌメリを落とすことができます。
ヌメリを落とせたら水で洗い流して、しっかりと乾燥させた後施工します。
汚れ・シミも中性洗剤やペイント薄め液で落とすことができるでしょう。
その他にはサンドペーパで削り落とす方法もあります。
釘の頭が出ている場合は、塗装前サビないように水性サビ止めを塗ります。
洗浄やサビ止め塗装を行ってくれる業者が多くいるので相談してみてください。
●壁の種類
壁の種類によって自然塗料の施工方法が異なることがあります。
壁紙クロス・ビニールクロス・紙クロス・布クロス・漆喰珪藻土などは直接塗布することができますが
砂壁・繊維壁・土壁の場合は、表面をコーティングするために下地塗料を下塗りして
しっかりと乾いた状態で塗装を行う必要があります。
また、ベニヤ板・化粧合板・コンクリートも下地塗装が必要となります。
内壁塗装を行う前に内壁の種類を確認しておきましょう。
内壁に自然塗料の採用を検討している方は、この記事を参考にして確認を行いましょう。
そしてより良い住まいにしてください(^^)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552