オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

玄関の印象が大きく変わる!上がり框とは‥?


上がり框
皆さんは「上がり框」という言葉を耳にしたことはありますか?
この言葉を日常生活の中で使うことはあまりないかと思いますが
日本の住宅の多くの玄関で見ることができ、馴染みの深いものになっているのです(*´ω`*)
この上がり框次第で、玄関の印象が大きく変わってくるので是非知っておいてもらいたいです。
今回は上がり框について紹介します。
上がり框とは、玄関で靴を脱ぐ段差についている横木のことです。
別名「玄関框」とも呼ばれていて、住宅業界では玄関の段差を表現する際「框(かまち)」という言葉を使用します。
上がり框は、玄関扉を開けると初めに見える部分なので見た目のいいものが使用されることが多く
日本では靴を脱ぐ習慣があるため、昔から耐久性を重要視してきました。
もちろん現在でも上がり框は玄関の使い勝手・印象に影響する重要な部材のため
作り方や素材自体で玄関の印象は大きく変わるものになります。
ひと昔前の住まいの上がり框の高さはかなりの段差がありました。
昔は、住まいに使用する木が湿気で腐りにくいように地面と床の距離を離していて
約30㎝前後くらいに段差が設定されていることが多かったのですが
やはり上り下りする際に30㎝はキツイものがありました(;´Д`)
そのため地面の湿気の心配がほとんどなくなった現在の木造住宅は、15~18㎝ほどの段差に設定されています。
マンションの場合は5㎝以下に設定されていることが多く、これはそれぞれの構造で作りやすい高さが異なるためです。
上がり框には色々な高さがありますが、どの高さが一番使いやすいのでしょうか?
上がり框は低い方が段差が少ないからいいと思われる方が多いのですが
低すぎると靴についた汚れが部屋に入ってきたり
座って靴を履くときの労力が大きくなってしまうことも考えられます。
その逆に上がり框が高すぎると段差の上り下りがキツクなるというデメリットがあるでしょう。
歳を重ねるにつれ上がり框の段差次第で負担は大きく変わってきてしまいます。
このようなことを考えると高齢者の段差の指標となる10~16㎝くらいの高さがベストではないでしょうか。
今回は玄関の印象が変わる上がり框についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
玄関は毎日使用する場所で、住まいの顔となる部分でもあります(^^)
この記事の内容を参考にして素敵な玄関にしてもらいたいです♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552